読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

取引先を増やしてくれるのは取引先だよね?とてもそう思うことがあったお話。

f:id:ishimotohiroaki:20160627222600j:plain

 

どうも!いっしーです。

 

IT系の会社で働いています。

先日取引先からの紹介でプレゼンする機会をいただきました。

 

 

 

テレセールスやDMでは取引先増やすの難しいですよね?

わたしはGoogleAppsの販売を担当している時期がありました。
テレセールスしたり、DMを送付したりしましたが成果はゼロでした。
結果、GoogleAppsの販売のみで取引先は増やせませんでした。

この時、とても悔しい思いをしました。

 

GoogleAppsはとてもよい製品ですが、その良さを伝えきれませんでした。

もし、GoogleAppsをご検討の方はこちらのリンクよりお申し込みください。

 

しかし、テレセールスで成果を上げている会社があることも知っています。
Salesforceなどが有名ですね。客先に行くことはかなり少ないと聞いてます。凄いと思います。

 

結局、うちの会社でGoogleAppsが売れたパターンは、取引先への説明で売れたパターンと、GoogleAppsを欲しくてインターネットで検索してうちの会社を見つけてもらえたパターンでした。

 

 

 

取引先からの紹介で連絡がありました

先日、うちの会社の取引先から紹介されたということで連絡をもらいました。
とても嬉しいです\(^o^)/

 

連絡をもらったお客様へのプレゼンは明日です。

このプレゼンで取引先になるかどうかが決まりますが全力を尽くします!

頑張るぜよー

 

結果がどうなるか分かりませんが、もし取引先になっていただければ、取引先になってもらえたのは、取引先のおかげということになります。

そうなって貰えたら嬉しいなぁ。

 

 

 

残念ながら取引先が減ることもあります

コンピュータってほぼ導入されていきわたってるんですよね。
だから他社に移ることもあります。

でもやっぱり取引先なんですよね。だから他社に移られる時も全力で協力するべきですよね。

反対のパターンですが、たまにこの時に協力しないシステム会社も今までありました。

でもね、もうシステム会社を変えるって決まってるのにここで協力しなかったら、そのシステム会社は悪い印象しか残らないので未来に取引先になるのことはないでしょう。
もったいないですね。

 

協力した分、きちんとお金はいただきますが(笑)

 

 

 

まとめ

「お客様は神様です!」とは言いませんが、精一杯仕事することでしか取引先は増えていかないってことだよね。

 

当たり前だろ?って言われるかもしれませんが、精一杯仕事するのって案外むずかしいんですよね。

 

お客様が作りたいシステムを構築し、お客様の納期に間に合わすように全力をつくし、お客様が希望するインフラを提供することが重要です。

今回はいい結果にしたいので、今もプレゼン資料を見返しています(^^)