過去記事をリライトしないといけないのは分かっているのに手がつけられない

f:id:ishimotohiroaki:20160829121331j:plain

どうも!いっしーです。

過去記事のリライト、簡単なようでかなり難しい。難しいからこそ無理やり挑戦してみることにしました。

 

 

すでにブログで成功し、プロブロガーと自他共に認められている人たちでさえ重要と発信されている過去記事のリライト。わたしもその重要さは分かっているのに一向に過去記事のリライトには手がつけられていません。

 

 

どうして過去記事のリライトができないんだろ?

初めてこのことについて考えてみました。

 

新しい記事を書くほうが楽しいから

しばらく休んでいたブログを再開したのが2016年3月、この頃からブログで稼げることを知り、わたしもブログで稼いでみたいと思うようになり、記事数をコツコツと増やしてきました。

その間に記事を書く技術も少しづつ上がり、それに引きずられるようにPV数も増え、収益も増えてきました。

ますますブログの魅力にハマっているのが自分でも分かります。

その為か、貪欲に情報を仕入れ、新しい記事を書くのが楽しくて仕方ありません。これだけで自由な時間を使い切ってしまい。過去記事の更新ができていません。

 

バズる記事を作りたいから

「バズ」なんという言葉なんでしょ。しかし私のブログは無縁です。

バズらせてアクセス数アップしたいです。そのためには過去記事なんて書いても無駄だ。

検索エンジンに気に入られるためには無駄じゃないのに・・・地味にいくより一攫千金を狙っている自分がいます。

 

残しておきたい過去記事があるから

記念というか思い入れが強い過去記事があります。文字数も少なく、記事内容も薄い・・・しかし削除したくない。

削除した方がいいのは分かってますが、何とか残したい。

もう記憶も古いので内容に追記できないのが現状です。

 

記事内容を厚くできないから

ユーザ目線に立ててないのが原因です。分かってます。でもいい文章が思い浮かばない。

で、そのまま放置。

この手の文章がすごく多い。

 

 

 

過去記事リライトのメリット

過去記事リライトのメリットを整理してみた。

 

古い文章でも内容がよくなればスマニュ砲を打てる可能性がある。

 

過去記事リライトはまだ色んな可能性がある。

[アクセスアップ] 運営歴が長いブロガーは「過去記事のリライト」に挑戦してみるべし。 : まだ東京で消耗してるの?

 

私のブログを見て言われたこともある。

やぎろぐさんにも過去記事のリライトが大切って言われました。

www.jimpei.net

 

 

 

 

9月は過去記事リライト月間とする

このままずるずると行くのはダメダメなので、2016年9月は過去記事リライト月間とすることにしました。

ただ過去記事をリライトするだけだとテンションも上がらないので、同時にアフェリエイトも追加し収益アップにつなげます。

これでテンションアップになるはずだ!

来月からって言ってる時点でダメなような気もするが、こういうことでもしないといつまでもできない気がする。

これで数字に現れてきたらめっちゃ嬉しいので頑張ろう。

 

 

 

GoogleAnalytics分析方法で参考にする

iritec.jp