読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修理してたラケットがまた折れた!やっぱり修理品は駄目でした。

どうも!バドミントン大好きいっしーです。

以前、折れたバドミントンラケットが修理できることを紹介しました。

関連記事折れたバドミントンラケットの修理

 

試合してたら同じところがまた折れてしまいました(T_T)

よく見てみるとシワが入っていることが分かります。
わたしがヘボいだけかもしれませんが・・・

 

さすがに2回目は修理する気になれませんので、新しいラケットを買うことにしました。

そこでどれにしようか悩んでます。

 

 

 

 

YONEXならDUORAかな?

YONEXなら新製品をどんどん投入しているDUORAがいいかな?と思いました。

 

上級者向けのDUORA10がいいか

 

それとも中級者向けのDUORA7か

 

DUORA6も発売される

 

 

最近気になっているラケットがKUMPOOのHEXGONラケット

実は最近気になっているラケットがこれ

www.kumpoo-sports.co.jp

パーツが6角形で構成されていて以下の特徴がある

パワーショットナノヘキサゴンシリーズの集大成として全六角形シャフトが更なるショットのスピードと正確性を実現! 全六角形シャフトを採用することで、図のように円柱形のシャフトに比べてしなり方向が制限されるため、打球方向もより面の向いている方向に対してブレやずれが少なく、安定したコントロール性能を実現致しました。

うーん使ってみたい。
値段も安いし、今のところ候補No.1だ!

 

 

 

MIZUNOのキャリバーシリーズもいいかも

早川選手が使っているモデル

奥原選手が使ってるモデル

 

 

まとめ

折れたラケットを修理したものでも半年は使うことができました。まったく問題ない人も多数いるようなので、修理したラケットが悪いとは言わないが、今回も同じところが折れているところから修理したところが強度が少ないといえる。

もし古いモデルを利用していたり軽量モデルなら、修理せずに買い直すことも考えた方がいいと思います。
わたしはもう二度と修理に出すことはないだろう。

今後は折れた時に新しいラケットを買うことになりそうだ。

それにしてもヘキサゴンラケットが気になる(笑)