Macbook Pro(2016)の電源アダプターをMacbookで利用して大丈夫?iPadの充電器をiPhoneで利用して大丈夫?

どうも!いっしーです。

わたしApple製品のヘビーユーザーです。

 

パソコンは、MacbookPro(2016)とMacbookを使っています。

スマホとタブレットは、iPhone7とiPadPro(9.7inch)を使っています。

 

パソコンはUSB-Cなのでパソコン側は同じものだが、充電器の大きさは全然違う。

この大きさの違いからワット数が違うのは一目瞭然。

 

スマホとタブレットも差込口は同じだが、充電器の大きさは全然違う。

 

ここで疑問が

MacbookProの充電器は、Macbookで使えるのか?またその逆は?

iPadの充電器は、iPhoneで使えるのか?またその逆は?

 

その疑問について調べてみたので結果を発表します。

 

 

 

MacbookProとMacbookの電源アダプター

 

まずはMacbookProとMacbookの電源アダプターについてです。

 

公式サイトMac ノートブックの正しい電源アダプタとケーブルを確認する - Apple サポート

 

MacbookProの電源アダプターは87Wです。

Macbookの電源アダプターは29Wです。

公式サイトにもありますが、W数が大きいものは使ってもよいとされています。

 

よって、MacbookでMacbookProの電源アダプターは使用できるが、MacbookProでMacbookの電源アダプターは使用できないということになります。

 

MacbookでMacbookProの電源アダプターを利用することのメリットしては、充電時間が短くなることです。

逆にデメリットしては、電源アダプターが大きく重たくなるので、持ち運びには向いてないということです。

 

もしMacbookを使っている方で、自宅などに据え置き用の電源アダプターを追加購入しようと考えていたら、87Wの電源アダプターを購入した方がいいです。

 

Macbook Pro用 USB-Cタイプ 87W電源アダプターの詳細はこちら

 

 

 

iPadとiPhoneの充電器

 

次はiPadとiPhoneの充電器についてです。

 

公式サイトiPhone、iPad、iPod で iPad の電源アダプタを使う - Apple サポート

 

こちらもMacbookの時と同様になります。

iPadの充電器はiPhoneで問題なく利用できます。公式サイトにも出てますので間違いないです。

 

メリット・デメリットについてもMacbookの時と同様になります。

 

 

しかし、こちらの場合は充電器を追加する場合は、純正ではなくUSBポートがたくさんついてて同時に充電できるものをオススメします。

わたしも使っていますがとても便利です。

 

今だとこちらの商品がオススメです。