一度試すとやめられない?iPadとMacbookの連携はAirDropで決まり

f:id:ishimotohiroaki:20170628100027p:plain

 

どうも!いっしーです。

わたしは仕事にもプライベートにもAppleの製品をよく使っています。

色んなデバイスを使っていますが、今回はiPadとMacbook Proについてです。

 

iPadとMacbookのファイルのやり取りに、今まではGoogleDriveやiCloudを利用していましたが、AirDropがめっちゃ便利なので紹介します。

 

今回はiPadで説明しますが、iPhoneでも同様の操作が可能となっています。

 

 

 

iPad、Macbookそれぞれにいいところがある

iPadとMacbookはそれぞれにいいところありますよね。

iPadとApplePencilを使えば、紙のノートはいらなくなるし

調べ物しながら文章を書くような作業については、Macbookが便利です。

 

もしiPadとMacbookでファイルを連携しながら作業するなら、AirDropがとても便利です。

 

今回はわたしが愛用しているiPadアプリの一つ、PDF Viewerを利用して説明します。

 

 

 

AirDropとは

AirDrop は、Bluetooth および Wi-Fi を使用してデバイス間でファイルを送信する仕組みです。

これだけ読んでも「使ってみよう!」とはなりませんよね。

画面を使って実際に見ていきましょう。

 

 

 

MacbookからiPadへPDFファイルを送る

MacbookでFinderを起動します。

f:id:ishimotohiroaki:20170628100429p:plain

 

「AirDrop」をクリックします。

iPadは隣にあるんですが、まだ表示されてません。

 

Macbookはこの画面のままで、iPadのロックを解除します。

f:id:ishimotohiroaki:20170628100641p:plain

 

すると隣のiPadが表示されます。

 

ファイルを送信するには、このiPadのアイコンの上に送りたいファイルをドラッグ&ドロップします。

 

 

iPadの画面を見ます。

f:id:ishimotohiroaki:20170628101136p:plain

 

AirDropに対応したアプリの一覧が表示されます。

以前使ったアプリが上の方に表示されています。(これが意外と便利)

「PDF Viewer」を選択します。

 

すると、iPadとPDF Viewerアプリが起動し、送ったPDFファイルが表示されます。

 

 

 

iPadからMacbookへPDFファイルを送る

PDF Viewerアプリを起動します。

送りたいファイルを開きます。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170628101817p:plain

 

上に並んでいるアイコンのうち、赤枠で囲まれたアイコンをクリックします。

 

すると隣にあるMacbookが表示されます。

f:id:ishimotohiroaki:20170628102208j:plain

 

Macbookをタップします。

 

 

Macbookのダウンロードフォルダーに送ったファイルが保存されます。

 

 

 

まとめ

今回のように、MacbooにあるPDFファイルをiPadで持ち運び、時にはそのPDFファイルにApplePencilで書き込む。

その書き込んだPDFファイルを、Macbookに送る。

といった、やりとりがAirDropを使うことにより簡単にできるようになります。

 

もし使ったことがない人は使ってみてください。

きっと便利になること間違いなしです。

 

 

またApplePencilとPDF Viewerの相性はとにかくいいので、PDFファイルを簡単に持ち運び、手書きで書き込みたい人にはいいアプリです。無料ですし。

 

PDF Viewer - 読む、確認する、注釈を入れる

PDF Viewer - 読む、確認する、注釈を入れる

  • PSPDFKit GmbH
  • 仕事効率化
  • 無料