ZRX1200R用にAmazonで人気の安いバイクカバーを購入したのでレビュー

 

 

外での保管はもちろん、車庫にバイクを保管していてもバイクカバーはぜひとも利用したいところ

わたしの場合、いつもはカーポートの下に置いているのだがバイクカバーは絶対している
理由は防犯と日焼け防止
やはりバイクが何か見えないのはかなりの盗難防止につながる。これに強力なセキュリティロックすることによりかなり効果がある
カーポートの下に保管しているとはいえ、そのままだとどうしても日焼けしてしまう
日焼けだけならまだいいが、ゴムの部分とかは劣化が早まってしまうことにもなる

 

そんなバイクカバーだが、安いものなら数千円、高いものなら数万円のものまである
今回紹介するバイクカバーは2,530円のものだが、わたしは高いバイクカバーも購入しているので比較しながらレビューします

 

 

 

安いバイクカバーのメリット

安いバイクカバーにもいろいろとメリットがあります
代表的メリットなんといっても軽いこと

高いバイクカバーってそれだけごついんで重いんですよね

バイクカバーが軽いことで、気軽に乗り出せます
車庫内でのバイクカバーには安いバイクカバーで十分

 

 

 

安いバイクカバーのデメリット

安いバイクカバーのデメリットはエンジンやマフラーが熱いままでカバーできないこと
冷めるまで待つ必要があります。もし熱いままでかけてしまうと溶けて穴が開いたりします

高いバイクカバーだと熱があたりそうなところは丈夫になっています

 

結露しやすいこともデメリット。屋根がない状態、つまりバイクカバー自体が濡れやすい環境だと結露しやすいです
実はこれには回避方法があります。バイクカバーを2重にするんです

 

 

 

Amazonで人気のバイクカバーを購入

今回購入したのはこちらの商品

なんと購入時の値段は2,530円でした

安い!

注文してから届くまでもとても早かった

 

バイクカバーで合計30ヶ月保証は長すぎ(笑)

 

 

箱から取り出すと、収納袋に入っている状態だった

 

購入時サイズ指定はできなかったが3XLとなっていた

 

収納袋から取り出した状態。バイクの形にはなっている

 

カバーが真っ黒なので螢光シールがはられている

 

セキュリティホールがあるので、チェーンなどはこちらを利用する

前後には伸縮性のゴムがありカバーが固定される

 

底の部分には固定用のベルトもあります

 

 

この値段ながらバイクカバーとしての必要最低限の機能はあります

 

 

 

ZRX1200Rにバイクカバー装着

フロントホイールクランプとリヤスタンドを装着している状態です

 

なかなかいい感じです

フロントホイールクランプで浮いている分を考えると高さも十分

 

リヤは残念ながらリヤタイヤが見えている状態

しかし、これはわたしのZRX1200Rがカスタムされていることが原因
リヤショック変更で高さがかなり上がっている。スイングアームも変更しておりリヤタイヤの位置が後ろに延長されている

ノーマルのZRX1200Rだときれいにカバーが地面まで届くと思われます

 

 

 

まとめ

ZRX1200Rにはちょうどいい大きさのバイクカバー

バイクカバーの材質は防水210Dオックス+PU材質となっているが、触った感じだと少しごつい合羽みたいな素材だった

バイクカバーはとても軽く、バイクカバーの脱着は簡単
力のない女性にもオススメ

雨ざらし日ざらしの環境ではあまりオススメできないが、なんらかの屋根がある環境だととてもいいバイクカバーです

防犯上もバイクカバーは必須ですね

 

 

カーポートや屋外でオススメの最強バイクカバー

わたしが次に購入しようとおもっている商品がこちら

ほとんど車庫状態にできます
これが最強のバイクカバーです