映画「ビリギャル」をAmazonプライムで見たので感想

どうも!いっしーです。

明日は文化の日で仕事はお休み、特に早朝からは予定なし!

今日は夜更かしできる日だ、先日ブログ記事のことで上司から指摘がありブログ記事の削除を行って、ブログを書くテンションもダダ下がりでブログ書くに気にもならん。

あの記事を書くのにいったいどれくらいの時間を使ったのか分かってない人は簡単に削除しろとか言うだんよな。ブログを継続的に書いたことない人には1つ1つの記事にどれだけ時間を使って魂をこめてるかわかなんいんだよね。まぁ言いたいことはたくさんあるので、これについては後日記事にまとめます。

 

そうだ、気分転換にAmazonプライムでビデオでも見ようと思って眺めてた。
見ようと思ったのが既に日付が変わって1:00頃になっている・・・いつ寝落ちするかも分からないし時間が時間だからあんまり頭使うのもしんどいし・・・

 

これに決めました!

f:id:ishimotohiroaki:20161103090437p:plain

ビリギャル」です。

有名な映画ですね。書籍もあります。読んだことないですが、何となく概要はしってます。

おバカな女の子が頑張って勉強して有名私立大学に合格するって話です。

見ようと思ったきっかけは結末知ってるから見てても楽かな?と思ったのと、そんなにドキドキして余計目がさめることはないだろうと思ったからです。

 

 

 

ビリギャルあらすじ

高校2年で偏差値が30しかない女の子が偏差値が70以上必要な慶應義塾大学に合格するという話。しかしその道は困難ではありませんでした、学校の先生や父親、兄弟までもが絶対無理というのに、娘を信じる母親や合格する可能性があるならあきらめない塾の先生がいい影響を与えて合格を目指します。
やがて一生懸命努力姿に周りも変わりはじめ学校の先生や友達も協力し始めます。
最後の方は父親も変わり家族の絆も深めながら成長する姿が描かれています。

 

わたし勉強が大嫌いでした。それで高校を卒業して今の会社にすぐに就職したわけですが、やっぱり勉強する人って偉いですよね。

勉強は大嫌いでしたが、仕事は好きでした。この20数年間めっちゃ勉強しました。

今はブログが楽しくて、仕事以外の時間はほとんどブログの勉強に使っていますが(笑)

こう考えてみると勉強が嫌いだったわけではなく、学校の勉強が嫌いだったみたいです。好きなことを勉強するって苦しいことは全くなくて、楽しいことの方が多いです。

 

 

 

ビリギャルのエンディング曲はサンボマスターの「可能性」

サンボマスターの曲を聞いたの電車男以来でした。

サンボマスターの曲ってあまり聞く事ないんですが、とってもいい歌で映画にもマッチしてました。

 

 

 

ビリギャルを見た感想

いやーとっても面白かったです。

結末を知ってるのにこんなに楽しく見えると思ってませんでした。見てる最中、全く眠くならずに最後まで見てしまいました(^^)

 

娘を信じる親や塾の先生とっても大切な存在なんだと思いました。

 

自分の息子に重ね合わせることがありました。

わたしが学校の勉強が嫌いだったこともあり息子には勉強を強制したことがありません。

息子はいい先生にめぐり会うことにより将来を決めることになった出来事がありました。
小学6年生の時に、担任になった先生に会ったことで将来学校の先生になることを決めました。そこから猛勉強して進学校に合格することができ、今は地元大学の教育学部にも合格し、その夢に向かっています。

やっぱり人とのめぐり逢いってとても大切ですね。

わたしも人との関わりを大切にしていきたいです。

 

ビリギャル」見てよかった(^^)

Amazonプライムビデオなら色んな映画が月額325円で見放題ですよ。オススメです。