【伯方島】光藤旅館は晩御飯の量が驚き!コスパ抜群だが施設は民宿なみ

どうも!いっしーです。

最近、しまなみ海道にある伯方島によく行ってるのですが、今回は初めて伯方島での宿泊です。

地元の人に教えてもらったオススメの宿泊場所がここ「光藤旅館」でした。

教えてもらった時に一緒に聞いてたのが晩御飯で出てくる車海老の踊り食い・・・あんまりこういうの得意じゃないんだけど行ってみたよ。

 

予約は電話のみで、氏名と自分の電話番号を聞かれるのみで、チェックイン時間も聞かれませんでした。

いつもはインターネットで予約するわたしにとって少々の不安があります。

 

光藤旅館の情報

住所:今治市伯方町有津甲2310番地2
電話:0897-72-0536
FAX:0897-72-0598
料金:1泊2食付 6,000円〜、宿泊のみ4,500円、朝食付5,000円部屋数:7室
駐車場:5台

光藤旅館の地図はこちら

 

 

 

光藤旅館の外観

南側から見た建物がこちら

こちらに駐車場があります。

 

駐車場にはカエルや鶴、魚など色んな置物がありました。

 

何だこれ?イノシシかな?

 

こちらが北側の入り口

 

こちらから入ると色んな置物があります。

 手前の招き猫の目が生き生きしててなんか怖い・・・

 

 

光藤旅館の様子

南側から入るとまたまた色んな置物が

 

何かよく分からんけど、凄い彫り物が

 

洗面所

部屋に洗面所はないので、共同の洗面所を利用することになります。

歯ブラシもこちらにありますが、歯磨き粉は共同なので嫌な人は歯磨きセットを持参することをオススメします。

 

なぜか最新式のコピー機があります。それも2台。

 

 

 

光藤旅館のお部屋

今回わたしが宿泊するお部屋はうめ。

 

部屋に鍵はありませんでした。金庫もなかったと思います。

何とも開放的(笑)

 

和室になってます。

テレビとエアコンがありました。

 

部屋にキンチョールがあるのが緊張感があります。

何かでるかも?と思ってしまう。

 

 

 

光藤旅館のお風呂

部屋に荷物を置いたのでお風呂に行きます!

旅館内にお風呂は2つあります。

わたしが入ったお風呂の紹介。

 

こちらが脱衣所です。

右の棚をあけるとタオルがあります。

 

こちらがお風呂。

シャンプーやトリートメントはあります。

ボディーソープは無くて石鹸がありました。

 

 

 

光藤旅館の夕食

お風呂に入ってスッキリしたので、夕食を食べに行きます。

夕食は部屋ではなく、こちらのお部屋でいただきます。

ビールは瓶ビールしかありませんでした。大瓶が1300円です。しかしめっちゃ高いビールです。

今回紹介する写真で皿にもられているのは大人3人前の写真です。

 

付き出しが既にスタンバイされてました。

 

出ましたー

車海老です!動いてます!!

生きてるのをおばちゃんが手で頭外して、そのままむきます。

尻尾が動いてるー

そのままいただきます!

食感がゴリゴリした感じで繊維質ですが、甘くてとても美味しいです。

わたしは2尾食べて、残りは塩焼きにしてもらいました。

 

お刺身はカンパチと赤貝でした。

 

カツオのタタキも・・・

高知のに比べると小さい。

 

サザエは一人一つありました。何とも贅沢。

 

この貝初めて見ました。ムール貝に似ていますが、違うようです。

イガイという貝で、こちらでは瀬戸貝と呼ばれています。

 

 

こちら落花生を茹でたものです。

地元のものだそうですが、茹でたのは初めてです。

味はお菓子のサヤエンドウみたいで、食感は柔らかいです。

 

鯛の塩焼きです。こちらも贅沢。

 

 

塩焼きにされた車海老がきました。

ん?何かエビの量が増えてない??

おばちゃんに聞くと増量してくれたそうです(笑)

あー、もう全然食べれません。

生で食べるときに外した頭もでてきました。

目の上にある角みたいなのと、目玉を外して皮ごとまるかじりします。

旨い!!

 

 キスとピーマンのフライです。

あっさりしててとても美味しい。

 

シメは、おむすびとぶどうでした。

 

この葡萄めちゃ旨でした!

 

あー食った食った。

もの凄い量でした。こんな量、食べれる人がいるのでしょうか?

この量だと大人が6人でも食べれる量とは思えない。

 

 

 

光藤旅館の朝食

朝食も量が多いです。ごはんはお櫃に入ってくるので食べ放題です。

 

こんな色の玉子久しぶりに食べました。

卵かけご飯で食べましたが、予想通りめっちゃ美味しかったです。

 

 

 

光藤旅館の昼食

電話予約が必要とのことだが、昼食をお願いすることができます。

一人2000円だそうです。

昼食も2000円とは思えないほどのご馳走だそうです。

 

 

 

最後に

光藤旅館、建物は古く、旅館というよりは民宿に近い感じですが、夕食はとても満足できました。

これで、8,000円はとても安くてコスパは抜群です。

お支払は現金のみでした。

 

旅館は他に4件あり、こちらも近日中に制覇する予定なので、またレポートしますね。

旅館の他にAirbnbに登録されている宿が1件あったのでこちらも使ってみたいです。

 

 

最近は行けてないですが、わたしエギングもやります。

光藤旅館の前に良さそうな堤防があったので先端に行ってみるとこの通り。

 

たくさんイカが釣れてそうでしたよ。