読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

羽田空港第1ターミナルの朝ごはんはこれで決まり!美味しい卵を食べて今日も1日頑張ろう

 

どうも!いっしーです。

たまにある東京出張で、朝一の便で高知に変える時があります。そんな時はホテルの朝食時間には間に合わないので空港で朝ごはんを食べることになります。

コンビニでおにぎりやサンドイッチを買って食べてもいいんだが、前日は大抵飲みにいってることも多くて、飲んだ次の日って何だかお腹減るんですよね。

腹ペコで空港まで移動しているので、朝は美味しいご飯をガッツリ食べたくなる。

そんな朝にオススメしたいのがここ「うちのたまご」です。

なんせがっつり食べれて安くて旨い!

羽田空港の飲食って高いイメージがあるんですが、ココだけは違います。

 

 

 

うちのたまごとは?

まずは「うちのたまご」について紹介します。

『健康なたまごは健康な親鶏』からという理念のもと、鶏にストレスをかけない飼育システムと衛生的な環境で、鶏たちの眼をみて手間ひまを惜しまず大切に育てています。
「うちの健康な親鶏たち」は一つの生命をつくるという本来の目的のもとに、栄養バランスのとれた本物といえるたまごを産みます。
「うちのたまご」のおいしさのひみつは生命力です。
健康な親鶏からの贈り物「うちのたまご」を是非ご賞味ください。

 ※https://www.jrkf.jp/egg/feelings.htmlより引用

 

親鳥が大事と考え、(株)セイアグリーシステム代表 伊勢豊彦氏の技術指導のもと健康な親鶏の飼育にこだわっているそうです。

 

JR九州ファーム株式会社は卵の他に九州7箇所で農場があり、キャベツ・レタス・大根・人参・ニラ・さつまいも・甘夏・アスパラガス・ブロッコリー・ミニトマト・ピーマン・温州みかん・デコポン・ネーブルなどを生産されています。

 

 

 

羽田空港第1旅客ターミナル地下1階にある「うちのたまご」

場所は京急を出てきてすぐ右になります。

f:id:ishimotohiroaki:20170131185717p:plain

 

そのまま入店すると定員の方が席に案内してくれます。

店内はそんなに広くなくカウンター席のみ。約10席ちょっとくらいの小さな店舗です。

 

入店してやはり目立つのは大盛りにされた生卵。

 

それと卵かけご飯用の醤油たち。

卵が美味しさは醤油でかなり左右されると言っていいほど重要です。

七味もあります。これはきっと後で紹介する親子丼のためにあるのだと思う。

 

お漬物も食べ放題。

写真撮ったつもりだったが撮れてなかった(泣)

両方のお漬物を食べたが、とても美味しかった。お漬物横のお皿にいれていただきます。

 

 

 

うちのたまご おしながき

 

お品書きは三種類

  • たまごかけごはん
  • 親子丼
  • 玉子丼

その他お土産用に「うちのたまごケーキ」がある。

 

たまごかけごはん

値段は550円。

この値段で卵は2個、ご飯は2杯まで食べられる。ごはん大盛りは無料。その上、あおさの味噌汁にちょっとしたおかずまでついてくる。

めっちゃ安い!

3杯目のご飯お替わりしても100円でできる。

おまけに旨い!!

 

めっちゃ空腹でここまで来るので、食べ物出てくるといつも写真撮るの忘れて食べてしまう・・・

次こそは写真撮ってこの記事にアップします。

 

 

親子丼

値段は750円と少し高め。この写真では、あおさの味噌汁を追加しているので850円。

何と!親子丼にも卵が1個ついている。

生卵がなくても十分な卵の量が入っているにもかかわらず生卵を入れられる。

それにより、最高のふわとろ感覚で親子丼がいただけます。

 

鶏肉の旨味・量とも十分でめっちゃ美味しいです!

朝から至福の時間を過ごせます(^^)

 

 

うちのたまごテイクアウトメニュー

  • うちのたまご(6個入り)
  • お醤油とうちのたまごのセット
  • うちのたまごケーキ
  • うちのたまごプリン

 

 

 

さいごに

わたしは朝食からパンではなく、がっつりご飯を食べたい派なんでとってもお気に入りのお店となっています。

卵は本当に美味しくて親子丼などもあるので、朝食のみではなく昼食にもいいです。

 

わたしはANAを利用することが多いので是非とも第2旅客ターミナルにも出店してほしいところです。