現役隼乗りが教える!隼用のおすすめスクリーン4選

隼純正スクリーン

 

よく言われるのが「まだノーマルスクリーンなの?」

スクリーン変えると高速走行がめっちゃ楽ですよ

確かにそうだろうな〜

 

値段も手頃(15,000円〜25,000円)でツーリングの疲労軽減になるし、車検も問題ないのでプチカスタムするにはとってもおすすめ

 

 

 

ZERO GRAVITY(ゼログラビティ)

1989年に創立され、多くのレースシーンで活躍しているスクリーンメーカー

アクリルプラスチックを膨らますのにエアを送る「ブローモールド」という製法により歪みのない視界を作ることに成功しています

品質もいいのが特徴

 

隼用で販売されているゼログラビティのシリーズは3種類

  • SRタイプ
  • ダブルバブル
  • スポーツツーリング

 

スクリーンカラーは3種類

  • クリア
  • スモーク
  • ダークスモーク
  • その他8色のカラーオーダー

 

おすすめはダブルバブルのスモーク

 

 

SRタイプ

ノーマルスクリーンタイプの形状

 

 

 

ダブルバブル

ダブルバブル形状(外側の丸みと中の丸みと、丸みが2つある)

防風効果と整流効果に優れストリートからレースまで幅広いシーンで利用できる

 

 

 

スポーツツーリング

スクリーン面積が最大で最も防風効果が高いスクリーン

ツーリング向けタイプ

 

 

 

 

 

Puig(プーチ)

こちらのスクリーンの特徴はなんと言っても、スクリーンの全面下部に「1300R」の文字があること。おまけにシールではないので劣化することもありません

 

スクリーンの形状はレーシングの一種類のみ

 

スクリーンカラーは4種類

  • ブラック
  • ダークスモーク
  • スモーク
  • クリア

 

おすすめはスモーク

 

 

ブラック

 

 

ダークスモーク

 

 

スモーク

 

 

クリア

 

 

 

 

MRA(エムアールエー)

MRAのスクリーンはわたしのもう一台の愛車ZRX1200Rに取り付けています
このスクリーンの特徴はスクリーンの最後がピンっとそっていること。この少しの反りにより防風効果がアップしています

 

スクリーンの種類は4種類

  • スクリーン スポイラー
  • スクリーン ツーリング
  • スクリーン レーシング
  • ヴァリオ ツーリング

 

色は3種類

  • ブラック
  • スモーク
  • クリア

 

おすすめはスクリーン ツーリングのスモーク

 

 

スクリーン スポイラー

長さの純正比 -30mm

 

 

スクリーン ツーリング

長さの純正比 +20mm

 

 

スクリーン レーシング

長さの純正比 +15mm

 

 

ヴァリオ ツーリング

長さの純正比 +10mm

 

 

 

 

マジカルレーシング

ノーマルより高さが40mmアップ

スクリーンにカーボンが取り入れられているのはこの商品のみ

フェンダーやフェンダーレスキットもカーボンに統一することでカッコよさ倍増間違いなし!

 

スクリーンは2種類

  • スクリーン
  • カーボントリムスクリーン

 

スクリーンで色が異なります

スクリーン

  • スモーク
  • クリア

カーボントリムスクリーン

  • 平織りカーボン製/スーパーコート
  • 平織りカーボン製/スモーク
  • 平織りカーボン製/クリア
  • 綾織りカーボン製/スーパーコート
  • 綾織りカーボン製/スモーク
  • 綾織りカーボン製/クリア

 

おすすめは平織りカーボン製のスモーク

スーパーコートは車体色によってはイマイチかも?

 

 

スクリーン スモーク

 

 

 

スクリーンの交換方法


GSX1300R隼-スクリーン交換

 

この動画を見ても分かるとうり交換はとっても簡単

 

 

 

わたしのおすすめ隼用スクリーン

わたしが一押しの隼用スクリーンは、ZERO GRAVITY(ゼログラビティ)のダブルバブル スモークだ!

まちがいない品質、そして伏せ込んだ時の安全性

そして幅が広い利用シーン

 

 

 

 

さいごに

ロングツーリングが得意な隼だからこそスクリーンも交換したい

さらにツーリングが楽しくなること間違いなし!

もっと、もっと隼で走り回りましょう(^^)