インターネットで供花を贈るのに花キューピットが便利だった

f:id:ishimotohiroaki:20170715101804j:plain

 

九州に住んでいる友だちのお母さんが亡くなりました。

若いのにとても残念です。

 

何かしてあげたい!

しかし、そうはいっても遠いのですぐに何かはできません。

考えた末、お供えもののお花を送ってあげることにしました。

 

 

まずはインターネットで簡単に送れるか調査開始。

そこでなんとなく思いついたのが「花キューピット

なぜか記憶に残ってました。

 

少し使ってみるとめっちゃ簡単!

そのままインターネット花キューピットで送ることにしました。

 

 

 

インターネット花キューピット

f:id:ishimotohiroaki:20170715102220p:plain

 

何が便利だったかというと、画面の上部に「用途から探す」というメニューがあって、そこをクリックすると「お悔み・お供え」ってあるんです。

f:id:ishimotohiroaki:20170717082432j:plain

 

そこをクリックすると、お花と値段の一覧ページが出てくるので、希望の値段のお花をすぐに選ぶことができます。

 

めっちゃ、簡単・便利!

 

 

 

インターネット花キューピット注文方法

 「詳細」をクリックするとアレンジメントの紹介や、サイズや主な花材も見ることができます。

f:id:ishimotohiroaki:20170715103049j:plain

 

お供えもののお花を送るなんて初めてのわたしでもとっても紹介が分かりやすいです。

 

 

希望のお花が見つかったら、「カートにいれる」をクリックします。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170715103303p:plain

お支払い方法の選択画面が表示されますので、「クレジットカード」か「コンビニ前払い」かを選択します。

 

わたしは「クレジットカード」を選びました。

 

 

次の画面で会員登録を行います。会員登録を行わず購入することもできます。

会員登録を行うことにより、マイページが使えるようになります。

 

f:id:ishimotohiroaki:20170715104148p:plain

領収書の発行ができるのは嬉しいですね。

 

 

会員登録が済んだら、お届日時の選択と、お届け先、ご注文主の情報を入力します。

翌日以降でお届日時が選択できます。

ご注文主を別に入力できるようになっているので、会員とは別に注文主を設定できるのは嬉しいです。

 

 

納品票の記載内容を設定します。

f:id:ishimotohiroaki:20170715104905j:plain

 

特に難しいことはなく、「用途」に「お供え」を選択するだけです。

 

 

次にメッセージカードをつけるか、名札をつけるか選択できます。

f:id:ishimotohiroaki:20170715105719j:plain

 

名札をつけた場合のイメージです。

ただし、メッセージカードとの併用はできないそうです。

 

最後にクレジットカードの情報などを入力して完了です。

料金については、お花代の他に手数料540円(税込み)が必要です。送料は無料でした。

 

初めて使ってもここまで30分もかかりませんでした。お花を選ぶのに少し手間取りましたが、お花が決まってれば注文だけだと15分くらいで終わります。

 

簡単でした。

 

 

 

電話注文もできます

インターネットの注文でつまずいた時は電話でも注文できます。

0120-879-123

 

携帯電話からだと、03-5719-1593

 

 

 

まとめ

昼13:00までなら当日配達もできます!

思いたった時にすぐに送れるのもいいですね。

 

インターネット花キューピットは、お花を贈るのにとてもいいサイトでした。

注文する前は一番難しいと思っていた。お花を選ぶところがよくできていて注文しやすかったです。

 

また、いいなぁと思ったサービスが花が到着するとメールが来たんです。

これは送ったほうとしては嬉しかったです。

 

 

今後もお花を贈る時は使ってみたいと思いました。