イケダハヤトを嫌いなわたしが読んだ!イケダハヤトの本「武器としての書く技術」

イケダハヤトが嫌い

わたしもブログ書いてますが、イケダハヤトが嫌いでした。
プロブロガーの確固たる地位を築きながら、高知に、それもさらに田舎へ移住
「この人何考えてるの?」と思ってた
ブログはあまり見てないが、たまに見るブログでも何か挑戦的なこともあって、イケダハヤトが嫌いと書いてるブログもちょくちょく見かける。

この人、自分を嫌う人のことを分析してる。

www.ikedahayato.com

ますます嫌いになりそう

 

だが、自分がブログの技術をあげる上で読んでみたい本がある。

読む機会を与えてもらったのでよんでみることに!

 

 

読んでみた感想

何度も読み返したくなる本でした。
ブログの文章を書くエッセンスが盛り込まれている。
ブログの書き方から始まり、ブログを更新し続けて行くためにはどうすればいいか?
中半から後半にかけては、ブログを書くメリット、書き続けるメリット。
これからの自分に必要なものが少し見えた。

 

わたしのブログを書くスタイルをすぐに変更することはでないが、この本からはブログを書いていく上で重要なことを教わった。

 

イケダハヤトという人に会ったことないし、嫌いだったからほとんどブログも見たことがない、嫌いじゃなくなるわけではないけど、この本はすごくいい本でした。
この本を執筆してくれたイケダハヤトさんと、この本を紹介してくれた仲間に感謝です。

読んでよかった!