曙ツツジを見に稲叢山へ!「渓谷登山道」コースはアドベンチャー感たっぷりの楽しいコース。

登山好きのいっしー(@h_14book)です。

曙ツツジシーズン真っ只中の四国!

稲叢山(いなむらやま)へアケボノツツジを見に行きます。

大まかなルートとしては、7:00自宅出発〜10:00登山開始〜12:00頂上〜14:00駐車場〜17:00帰宅です。

 

高知市内から約2時間かけて稲叢ダムに到着です。

稲叢ダムは岩石や土砂と積み上げて建設するダムで、四国電力の発電用ダムです。

お天気も良くて景観もすばらしい。

このダムへ車を駐車し登山口に向かいます。

 

f:id:ishimotohiroaki:20160425130719j:plain

目的地はココです。駐車場から見るとはるか遠くに・・・

 

 

稲叢山登山口へ

秘境稲叢山探訪」何かワクワクしてくるネーミングだ。

 

頂上へは鉄塔ルートで向かいます。

途中でトンネルコースと合流して、トンネル登山口に向かうことができます。

 

 

稲叢山登山開始

今回の登山は終始、友人のD-A-Nさんが皆を引っ張ってくれます。

高知市内は前日雨だったので心配してたが、登山道は全く問題なかった。

 

鉄塔真下アングル。クラクラする。

 

このルートでよくある根っこの登山道

 

キレイな曙ツツジ

アケボノツツジは四国と紀伊半島に分布している落葉低木。
ピンク色でとてもキレイ。

このアケボノツツジは満開だったが、ほとんどはまだこれからで、来週くらいが良さそうだった。

 

 

稲叢山登頂成功

稲叢山1506.2mです。

 

絶景です。

 

ここで昼食

ご飯はコンビニ弁当だったがここで飲むノンアルは最高に旨い!!

 

展望台

わたしは怖くて残念ながら行けない。

さぁ絶景を楽しんだ後は降ります。

 

 

下山ルートは渓谷登山道コース(別名洞窟コース)

こちらは渓谷を川にそって下っていきます。

流石に渓谷コースは登山道もぬかるんでとこも多く、トレッキングシューズじゃないと辛い。

 

いくつもの沢を渡り

 

崖を下り

 

いくつもの滝を見て

 

洞窟見学して

 

洞窟から景色を楽しみ

 

何とここで焚き火をしてる後を発見

夜にここは寂しすぎる。

 

全員で無事に登山口に到着

頂上へ約1時間と書いてますが、1時間で行くとなるとかなりのハイペースじゃないと無理。

 

 

稲叢山登山その他のコース

山頂小路ルート

渓谷登山道から入って途中で分岐するコース。

 

トンネルコース

稲叢山トンネルを出てすぐのところに駐車して尾根伝いに稲叢山頂上を目指すコース。

 

 

まとめ

山頂小路ルートはひたすら登るだけだし、トンネルコースは距離が短いので、稲叢山頂上を目指すのは今回紹介したコースがオススメ。

今回の紹介ルートを逆周りに行くのもオススメです。ただし、沢があったりガレ場があったりするのでトレッキングシューズで行った方がいいですよ。

稲叢山は歩くだけじゃないのでとっても楽しませてくれます。

最後に、予定してたルートの時間ですがほぼ予定通りでした。