読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフィスからFAX機をなくして作業効率アップ・節約!おすすめインターネットFAX3選

f:id:ishimotohiroaki:20170412163413j:plain

 

どうも!リーマンブロガーのいっしーです。

今回はまだまだオフィスで見かけるFAXについての話です。

 

住宅ではほとんど見かけなくなったFAX。もしあったとしても今はほとんど自宅のFAXは使っていないことでしょう。
わたしの自宅でも無駄にスペースをとっています。

ほんとオフィスでしか見かけなくなりました。

 

そんなFAXですが、とっても無駄なものですよね。

こちらの意志とは全く関係なく紙が印刷されるし、いつ来るか分からないFAXのために回線料金やFAX機の料金を支払い続けています。

あー、もったいない。

 

専用の回線も必要なく、FAX機も必要なく、パソコンもしくはスマホがあればFAXの送受信ができるようになってるってご存知ですか?

もちろん受信したFAXで、これまで通り紙で必要なものはパソコンに接続されているプリンターなどから印刷が可能です。

 

そんな便利なことしかないFAXが今回紹介するインターネットFAXなんですが、複数社からサービスが提供されていて、サービス会社によってかなりサービス内容が違うので今回は特徴がある3社に絞ってご紹介します。

 

 

 

これからはインターネットFAXがおすすめ

インターネットFAXは特別な機材(電話回線やFAX機)を用意しなくてもFAXの送受信ができるサービスです。

インターネットFAXを使うには、インターネットに利用できるパソコンやスマホがあればいいです。

オフィスには何も必要ないので、テレワークにも適しています。

 

相手先からのFAXはインターネット上にあるサービスが受信します。

受信したFAXはパソコンやスマホから見ることができたり、メールで送信することもできます。

 

相手先のFAXへはパソコンやスマホから送信することができます。

今回ご紹介する3社はEメールでもFAX送信が可能となっています。

 

今回ご紹介する3社

公式サイトeFax

公式サイトMOVFAX(モバックス)

公式サイトMessage+(メッセージプラス)

 

 

 

こんな会社におすすめ

  • FAXをこれから用意する
  • FAXが壊れて買い換えようと思っている
  • FAXはたまにしか使わない
  • FAXを外出先で見る時は、スキャナで取り込み、PDFに変換して、メールで送信してもらっている
  • 会社に誰もいないときに重要なFAXが来るときがある
  • いつくるか分からないFAXのために、誰かが土日も出勤する必要がある

一つでもあてはまる内容があれば是非検討してみることをおすすめします。

 

 

 

eFax

eFaxの特徴はなんといっても30日間の無料トライアルがあることです。

これにより、初めての利用でも安心です。

 

 

特徴

FAX番号は国内全都道府県の市外局番から選べます。

国外の電話番号での受信も可能です。

 

日本国外へもFAX送信可能となっています。

国によって料金が違いますので、送信される場合は以下のURLで料金が分かります。

eFax 国・都市別 FAX送信料金についてはこちら

 

受信したFAXのEメール送信は最大5つのメールアドレスに対して行うことができます。

 

 

料金について

初期費用はありません。

月額1,500円となっていて、これには送受信150ページ分が含まれています。

年払いなら1,250円とさらにお得です。2ヶ月分無料となります。

151ページ以降は1ページ10円となります。

 

お支払い方法も、クレジットカード、銀行振込、口座振替があり、企業でも導入しやすいです。

 

 

eFax 所感

メールを中心に行うサービスとなっています。インターネットブラウザも特に必要ありません。

メールのみでFAXを運用したい方にとても向いてます。

 

FAX受信は数人の担当者が全部受けて、各担当者にメール転送する運用になると思います。

FAX送信は全社員から可能です。

 

公式サイトeFax

 

 

 

MOVFAX(モバックス)

 初月の月額料金は無料。ただし初月の解約はできないので最低でも初期費用(1,000円)と1ヶ月分の料金(980円)が必要となります。

 

 

特徴

FAXが届くと通知メールを送信することができるので、FAXが届いたときに確認することができます。

 

確認画面でフォルダを作成し分けることができるのでFAXの分類が可能。

さらにプレミアムプランにすることにより、複数人で利用できたり、電話番号での自動振分なども可能となります。

 

受信のFAX番号は050から始まる11桁の番号となっており、都道府県別の電話番号などは利用できません。

 

 

料金について

初期費用は1,000円。

月額は980円となっていて、受信1,000枚まではこの料金に含まれています。

受信が1,001枚目からは1枚8円となります。

送信料金は1枚8円となっています。

 

高機能なプレミアムプランも用意されていて、月額3,980円となっています。

受信や送信の料金はプレミアムプランも同じです。

 

 

MOVFAX 所感

管理画面がよくできているので、FAX受注業務などFAX受信をメインにした業務に適しています。

月の受信FAX枚数が1,000枚以内ならこちらが特におすすめです。

 

公式サイトMOVFAX(モバックス)

 

 

 

Message+(メッセージプラス)

 

特徴

受信は無料となっています!

届いたFAXはパソコンまたはスマホで確認することができます。

パソコンはブラウザまたは専用ソフトウェア、スマホは専用アプリが用意されています。

 

受信したFAXに手書きでメモを追加して返信することができます。

この操作は紙に印刷せずにおこなうことができるのでとても効率的です。

 

受信したFAXはPDFでのダウンロードができますので、担当者に渡す場合は、印刷するかメールに添付して送信することができます。

 

 

料金について

初期費用は1,000円。

月額は950円となっています。なんども言いますが受信は何枚しても無料です。

送信料金は1枚15円となっています。

月払いはクレジットと口座振替となっています。

 

年払いも可能となっていて、年払いした場合月額が792円となります。

初年度のみですが、FAX送信200枚分のポイントもついてます。

年払いはクレジットと銀行振込となっています。

 

 

Message+ 所感

なんといってもFAX受信によって費用が変わりません。

すごいサービスですね。

FAX受信枚数が多いならこちらがおすすめです。

かなり経費が削減されることでしょう。

 

ただし、FAX送信については紹介した中でもっとも価格が高いです。

 

公式サイトMessage+(メッセージプラス)

 

 

 

さいごに

現在オフィスにFAXがあるなら、回線費用だけで月額が100円〜3,034円はかかっています。

回線費用に加えて、FAX機の料金や、用紙代もかかっているので、FAX送受信にかかっている費用は意外と高いです。

また受信したFAXを外出先の社員にメールで送信する場合、紙で出力されたFAXをスキャナで読み取ってPDFなどに変換してEメールで送信することになります。テレワークの社員にしても同様です。
この手間も考えるとさらに高いものになってきます。

FAX回線にINSネット64・ライト(ISDN)を利用しているケースも多いと思いますが、ISDNのサービスは2025年までに終了することが発表されているので注意が必要です。

 

今回ご紹介した3社は、月額料金が792円〜1,500円となっているので、FAX機から変更しただけで業務効率アップと経費削減が見込めます。

 

ご紹介した3社を選ぶ指針ですが、FAX送信がメインならeFaxがおすすめです。FAX受信がメインならMOVFAXかメッセージプラスがおすすめです。

FAX受信がメインで、1,000枚を超えるならメッセージプラスがおすすめです。

FAX送信もそこそこするし、受信もそこそこということなら、MOVFAXがおすすめです。NTTの回線でFAX送信してもA4一枚あたり8円以上はかかります。

 

インターネットFAXサービスも増えてきたので、この機会に利用シーンにあわせてぜひ検討してみてください。