とにかく投資信託を早く始めてみたいあなたに!楽天証券で投資信託メリット3選

どうも!サラリーマンブロガーのいっしーです

これって錬金術なんじゃないかな?と錯覚してしまうほど楽天証券にはメリットがあります

 

とにかく投資信託を始めたい!という方は楽天証券が絶対オススメ

 

 

この記事は私の実体験を元に書きました

投資信託を始めようと思い、実際に投信信託を始めるまでに4ヶ月くらいかかりました
わたしも書籍を購入したり、ネットで勉強したりとほんといらない回り道をしてしまったと後悔しています

 

投資信託を始めたいというあなたには、とにかく楽天証券なら100円からでも始められるので始めてもらいたい

 

 

 

楽天証券とは?

f:id:ishimotohiroaki:20180905095233p:plain

 

楽天市場のグループとなります
楽天グループなので、楽天市場で買い物したり楽天カードを使っていたりするだけでも楽天証券を使うメリットがあります

 

楽天証券は実際の店舗をもっていないネット型の証券会社となっています

ネット型のメリットはやはり手数料が少ないことです
デメリットは店舗にいって問い合わせができないので基本的には自分で調べていくことになります

 

 

実際に楽天証券に口座開設を申し込んでも講座を開設するには数日かかり、さらにNISA口座開設にはさらに数日かかります

まずは楽天証券に口座開設を申し込みましょう。もちろん料金などは一切かかりません
楽天証券の口座開設申し込みは項目が多く時間がかかります。パソコンになれているわたしでも約20分かかりましたので時間に余裕をもっておこないましょう

 

楽天証券の口座開設はこちら

 

楽天証券に申込み後、初期のログイン情報は郵送となります
これが日数がかかる原因です

 

 

楽天証券のメリットを最大限活かすには楽天カードと楽天銀行もあったほうがいいです
こちらも無料なので早めに申し込みしておきましょう

 

楽天カードの申し込みはこちら

楽天銀行の申込みはこちら

 

 

 

 

投資信託の始め方

投資信託をきちんと勉強して・・・
なんてことをやってたら、実際に購入するのは数ヶ月先
下手すれば勉強だけで終わって購入しなかった
なんて、最悪のパターンが待っているかも

 

この記事では投資信託の詳しい説明はしません

とにかく早く投資信託を100円からでも始めてみたい!という方を対象としています

 

銘柄によっては右肩上がりのものありますので(今のところは)
まずは買ってみることです

買ってから少しづつ勉強していくことが投資信託を知る最短ルートです

 

 

楽天証券で投資信託を始めるメリット

ネット証券の大手といえば、SBI証券と楽天証券

今から始めるなら楽天ポイントが溜まって、楽天ポイントでも投資信託が購入できる楽天証券がオススメ

楽天証券のメリットを紹介します

 

 

楽天ポイントで投資信託が注文できる

楽天証券なら楽天ポイントで投資信託の注文ができます!

それも100ポイントでも注文可能

もし楽天ポイントがあるならすぐにでも投資信託が始められます

なんせお金を使わないので注文しやすい

 

 

楽天カードで購入すると楽天ポイントがたまる

月5万円までという限度はありますが、楽天カードで投資信託を注文すると金額に応じて楽天ポイントがたまります

さらにたまった楽天ポイントは投資にまわせます!

これってもうメリットしかありません

 

 

スマホで日経新聞が読める

楽天証券の口座を開設後、スマホのアプリから日経新聞が読めます

新聞ならではの良さもありますが、スマホで空いた時間にすぐ読めるっていうのもメリットです

 

iSPEED - 楽天証券の株アプリ
iSPEED - 楽天証券の株アプリ
開発元:Rakuten Securities, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

 

投資信託を注文

無事に楽天証券で口座が開設できたら、その日から投資信託の注文が可能です

楽天証券にパソコンからログインして投信を表示するとランキングがあるのでこちらの上位5つならまず間違いないでしょう

 

ファンドも色々調べだすとキリがないので、まずは「eMAXISSlim先進国株式インデックス」を注文しましょう

こちらの商品のコツは1度に大きく買うのではなく積立方式でコツコツ投資して資産にすることです

 

すぐに儲けるというのはリスクも高いのでオススメできません

少額でもいいので、気長に投資しましょう

 

 

 

関連文書

楽天銀行開設方法を知りたい方はこちら▼

とっても簡単!楽天銀行口座開設申し込みを詳細解説【決定版】 - 石ログ