担々麺(担担麺)

どうも!ラーメン大好きいっしーです(^^)

わたし担々麺も大好きです!!今日もお昼食べに行ってました。

 

食べてて思いました。どうして担々麺って言うんだろ?

辛ければ担々麺なんだろうか?いやそんなことはないはず・・・

気になったので調べてみました。

 

 

 

 

担々麺の発祥

1841年ごろ、四川省自貢の陳包包というあだ名の男性が考案して、成都で売り歩いたと言われる。もともとは、天秤棒の片側に豆炭を使う七輪と鍋を、もう一方に麺、調味料、食器、洗い桶などを吊して、担いで売り歩いた。鍋はまん中に区切りがあり、片方には具を、片方には湯を入れるようにしていた。暖かく、辛い麺を出したのが受けて流行ったという。

本場の中国四川省では、日本で言うところの「汁なし担担麺」が食べられている。もともと、天秤棒を担いで売り歩いていた料理であり、スープを大量に持ち歩くのは困難であったことから、「汁なし」が原型である。

現在の中国では「担担麺」は四川省政府の登録商標となっており、地方政府直営のレストランだけで「担担麺」と表示できる。四川料理の伝統を守るためとされている。

 

四川省が発祥で、汁なし担々麺だそうだ。
中国で担々麺と表示できるのは限られたレストランだけになる。

 

 

 

日本の担々麺

日本の担担麺は、麻婆豆腐と同様に、四川省出身の料理人陳建民が日本人向けに改良した作り方を紹介して広まったと言われる。

 

日本の担担麺は麻婆豆腐と一緒に日本に広められたんですね。

この時に汁なしではなく、スープに変化したと思われます。

 

しかし、汁なし担担麺が本来のカタチだったんですね。

実はわたし、汁なし担々麺を食べたことがありません・・・是非とも食べてみたい!

 

 

 

 

担担麺

わたしが好きな担担麺の特徴は以下の通り。

  • スープが辛い
  • ごまの香りや味
  • 甘いひき肉が入ってる
  • ザーサイが入ってる
  • 野菜が入ってる
  • 辛さはお酢で調整する

 

一番上の写真ではニラが入ってるが、とてもゴマが効いたスープと辛さもあいまって最高の味になっている。高知では間違いなく担々麺トップ3に入る。

写真の担々麺が食べれるお店はこちら

 

 

ゴマが入ってなくて、とてもお酢がきいた担々麺もあります。

f:id:ishimotohiroaki:20160916222144j:plain

龍麺のタンタン麺はこちら

こちらはスッキリとしててとても食べやすい。

 

 

担々麺にも色んな種類があって楽しませてくれます。

特に担々麺の定義というものはないようだ。

 

 

 

 

四国の人も担々麺が大好き

2016年6月に高知市で初開催された「四国食1グランプリ(GP)」では、投票の結果「おち担々麺」が初代グランプリに輝いた。

このことからも四国の人も担々麺が大好きなのだ。

「おち担々麺」是非とも食べてみたいところだが、お店があるわけではないようなので残念だ。もし食べれる情報があるようなら教えてほしい。

 

これからも色んな担々麺が登場してほしい。