【レビュー】wilson RECON PX3600 バドミントンラケットは軽いのにヘッドヘビー

 

どうも!バドミントンは下手なりに頑張っているいっしーです。

そんなわたしですが、すごく気になるラケットがウィルソンから発売されました。

一度気になり始めるとどうしても欲しくなっちゃうんですよね。

 

おまけにこのラケット、とても安い!

定価で、15,000円(税抜き)となっています。

最近のバドミントンラケットのとても高価なものが多くて、なかなか気軽に手が出せないんですよね〜

 

昨日届いたんで早速レビューします。

 

 

 

どうしてウィルソンのラケットに興味をもったか?

わたし、ウィルソンのラケット全然興味なかったので、特にラケットの種類なども気にすることなかったんですが、一緒にバドミントンしてるYさんが購入して使ってるの見て少し興味をもったのが始まりでした。

 

ラケット | ウイルソン スポーティンググッズ オフィシャルサイト | Wilson Sporting Goods – Official Website

 

見てみるとヘッドヘビーのラケットが多いんですよね。

さらに種類が多い、3U〜5Uまでのヘッドヘビーがあります。

 

わたし、ヘッドヘビーなラケットって所持したことがなかったんですよね。

 

3Uのヘッドヘビーなんて、へっぽこなわたしが使えることはないのであきらめてたんですが、ウィルソンなら5Uのヘッドヘビーがあるんことを知り、今回購入することにしました。

 

 

 

WILSON RECON PX3600 スペック

重さ:79+-2g/5U

グリップサイズ:G5

最大テンション:26

推奨テンション:18-22

バランス:ヘッドヘビー

 

サイズは一種類のみ。

 

 

 

WILSON RECON PX3600を購入

 

ラケットケースは真っ赤でした。

 

 

グロメットが赤色と黒色の2色になっています。

 

 

重量比較

重量比較はいずれもガットを張って、グリップテープを巻いている状態で計量しています。

 

重量比較するのは以下のラケット

  • WILSON RECON PX3600
  • kumpoo POWER SHOT NANO HEXAGON SPECIAL II
  • YONEX NANORAY 800

WILSON以外は4Uとなります。

 

RECON PX3600は95gでした。

 

kumpoo POWER SHOT NANO HEXAGON SPECIAL IIは100gでした。

 

 

YONEX NANORAY 800は110gでした。

 

RECON PX3600以外と重いですね、KUMPOOが軽いのかな?

一番重いのはYONEX NANORAY 800という結果となりました。

 

 

 

使ってみたので感想

5Uなのにしっかりとヘッドの重さを感じられるラケットでした。

しかしかなりシャフトが柔らかいです。パワーある人には向いてないです。

そのためかやはり扱いづらいです。

ヘッドヘビーな軽いラケットは初めてで、練習で一日使っただけなので扱いづらいのは当然かも知れません。

まだまだ使い込んでいきます!

 

ネットで購入するとガットを張ってもらった状態で13,000円前後で購入できます。

かなりコストパフォーマンスがいいラケットです。