WR250RのウィンカーをLED化!ノーマルのウィンカーを取り外して「ZETA(ジータ) XCフラッシャープロテクター」を取り付け

 

WR250Rのフロント純正ウィンカーが経年劣化で折れたので交換することにしました
リヤはまだまだいけそうなので、交換はフロントウィンカーのみ

ウィンカーといってまず候補に上がるのがLED
もちろんわたしもLEDにしたくてしようがありませんでした

最終的に選んだのはプロテクターにウィンカーが内蔵されているタイプでした!

 

取り付けた後の感想からいうと「ZETA XCフラッシャープロテクター」にしてよかったです
ウィンカーが飛び出てないのがこんなにスッキリするものか?!と思えるほどでした

 

 

 

経年劣化でウィンカーが破損

 

ゴムの劣化でウィンカーが取れそうな状態になりました

これは早くウィンカーを交換しなくては!

 

 

 

候補に上がったのは「ワレンズ」か「ZETA XCプロテクター用リプレースメントフラッシャー」

キタコ(KITACO)ワレンズ

ワレンズはLEDではないですが、小型軽量ということがありインターネットで検索しても多くの情報が見つかります

わたしは元々ウィンカー交換は自分でやろうと決めていたのでインターネットで情報が見つかるもので交換する予定でした

 

ワレンズは希望通り情報は多いです。以下のものが必要ということがわかりました

レンズ本体
ウィンカー固定
ウィンカーリレー(ハイフラ防止)
配線(ワレンズの配線が短いので届かなかった場合必要)
ウィンカー固定ボルト
電工ペンチ(どちらにせよ必要)

以上のものを購入するのにインターネットの最安値で購入できたとしても約9,500円となります

 

 

ZETA XCプロテクター用リプレースメントフラッシャー

わたしのWR250RはZETA XCプロテクターに交換していたのでフラッシャーのみの交換でも大丈夫なことがわかりました

スモークタイプとオレンジタイプの2種類があります

その他必要なものは電工ペンチのみ

 

 

 

購入したのは「ZETA(ジータ) XCフラッシャープロテクター」と「電工ペンチ」でした

最終的に購入したのはフラッシャーのみではなく、フラッシャーが付いているプロテクターと電工ペンチのみでした

 

フラッシャがついているプロテクターを購入した理由は3つ

  • 今ついているプロテクターがかなり傷んでた
  • フラッシャーのみの取り付け方がよくわからなかった
  • 値段がそんなに変わらなかった

 

電工ペンチは必須です!

普通のペンチで代行できると思ったら大間違いです。わたしも初めて使ってみましたがめっちゃ簡単でした
トラブル防止のためにも必ず電工ペンチを使うようにしましょう

 

 

ノーマルのWR250Rに「ZETA(ジータ) XCフラッシャープロテクター」を取り付けるのに必要なもの

 

サイド固定タイプはめっちゃいいので特にオススメ
転倒時にガードが違う方向に向かなくなります。付けたら効果が分かります
絶対に転けない人には必要ありませんが・・・

 

忘れがちなのがグリップ
エンド貫通タイプに変更する必要があります

 

わたしはグリップ交換はできなかったので、バイク屋さんに交換をお願いしました

 

 

「ZETA(ジータ) XCフラッシャープロテクター」の取り付け

わたしは電工ペンチ使うの初めての超初心者です
そのため、まずはこちらのホームページを参考に電工ペンチの使い方を覚えました

電工ペンチの正しい使い方(1/2)

 

用意したもの

 

用意したものはプロテクターと電工ペンチのみです

ウィンカーリレーは用意しませんでした。ハイフラになってからでもいいかな?と思ったからです

 

プロテクターにはギボシなども付属していて追加購入はいりません

 

線の長さも十分です

ギボシの付いてますが予備はないので、失敗したらホームセンター等に買いに行かなくてはなりません

 

 

ウィンカーを取り外します

 

ウィンカーはゴムの劣化によりどうしようもなかったので線をぶし切ってやりました(笑)

 

 

プロテクター側に付属のギボシを取り付けます

よく分からなかったのでプロテクター側は2つともオス端子
初めての割には上手にできた(^^)

 

バイク側はすべてメス端子を取り付けることに
線の長さが短く少しだけ苦労しました

 

 

黒色さえ合わしておけばいいです
逆につなぐとウィンカーがつきませんでした

 

 

付属の線はかなり長いのですが、短くできない小心者だったので長いままハンドルにタイラップで固定しました

 

 

同じ作業を左側にも行えば完成

 

 

今回は元々の黒いプロテクターを白いプロテクターに交換しました
白色はWRの白色とはかなり違うので黒色が良かったかなー?と少し後悔

 

 

 

まとめ

すでにZETA XCプロテクターを取り付けている人には特にオススメのチューニングです

フラッシャーのみ購入した方も安心してください

キモは電工ペンチの使い方のみです
わたしも初めて使いましたが、1個できると後はとっても簡単です。はっきり言って誰でもできます!

どのみち、ウィンカーは経年劣化で壊れるので、いいタイミングで交換しておきましょう

 

最後にウィンカーリレーは必要ありませんでした。少しハイフラになりましたが・・・

リヤウィンカーも抵抗の少ないものに交換した際は必要になるかもしれません

 

 

 

関連文書

ハンドルはレンサルに交換してます▼

WR250R ハンドルまわり交換(レンサルハンドル、ZETAハンドガード、PROGRIP、DRCクラッチレバー) - 石ログ

 

WR250Rはできるだけ自分でメンテしてます▼

【WR250R】初めてのオイル交換、エレメント交換、Oリング交換、ドレンワッシャー交換 - 石ログ