家内で焼肉したい!オススメする煙が少ない家庭用焼肉グリル3選

 

どうも!焼肉大好きいっしーです。

わたしが好きな焼肉屋さんはホルモンがめっちゃ美味しい「てんぐ」です。

 

▼焼肉てんぐの記事はこちら

ホルモンが最高に旨い!!満を持して「焼肉てんぐ」を紹介します

 

そんなてんぐの焼肉スタイルは昔ながらのガス。

そして穴だらけの鉄板

これでホルモン焼いたらモクモクと大量の煙がでます。

 

もし家のなかでしたら大変なことになるの間違いなしです。

 

 

 

どうして煙るし脂が飛散するのか?

それは肉を焼いている時に、にじみ出る脂を直火で焼いているからです。

 

煙を少なくし、脂の飛散を押さえるアイデア商品は大きくわけて2つ

  • 上から焼く
  • 下から焼くが脂は逃がす

 

理論上、全く煙が出ずに、脂を飛散させないのは不可能です。

しかし、アイデアにより、かなり抑制されています。

 

 

 

上から焼く方式

ZAIGLE

ザイグルグリルです。

ザイグルシリーズは種類も豊富ですが、値段も手頃になってきたこちらのザイグルグリルがオススメです。

 

下のプレートは真ん中に向かって少し傾斜しており、流れた脂を集めて、トレイに入る構造となっています。

プレートは2分割となっているのでお手入れも簡単。

 

 

Aladdin

遠赤グラファイトという、特殊な素材を使っています。

遠赤グラファイトを利用することで加熱の時間が圧倒的に早いです。

 

下のトレイに水をいれて焼肉します。

お肉から出た脂は、水をはったトレイに入ります。

このトレイは取り外し可能となっておりお手入れも簡単になっています。

 

 

デメリット

この方式はメリットばかりに見えますが、実はデメリットもあります。

それは本体の大きさが大きいということになります。

構造上コンパクトに収納できないのです。

 

メーカーもそれは分かっているようで、ザイグルには上からかぶせるカバーが、アラジンにはバッグが付属しています。

 

 

 

下から焼くが脂は逃がす方式

イワタニ

カセットコンロで有名なイワタニの焼肉グリルです。

こちらは今回紹介した商品で唯一下から焼く方式です。

しかし、鉄板が外側に向かって傾斜しており、脂は外側のトレイに落ちる構造になっています。

 

こちらのメリットとしては、コンパクト、安いということになります。

 

カセットコンロ方式となっていますので、カセットコンロがいい人はこの商品で決まりです。

 

こちらの商品焼肉専用となっていますが、アタッチメントで鍋などにも使えるようになっていると最高です。

 

 

 

さいごに

煙を少なくしようとメーカーが努力している製品を紹介しました。

方式や、価格など様々なのであなたにあった一品をお選びください。

 

わたしもこれらの中の一品を購入して、冬場でも大好きな焼肉を食べたいと思います。