バイク

隼のコブ(シングルシートカウル)をグラブバーをつけたままで装着する加工

隼コブ

隼のシングルシートカウルのことをコブって呼んでます

そのコブなんですが、コブを取り付けるためにはグラブバーを取り外す必要があります

この作業がとっても面倒なんですよね
すっとして格好いいんですが・・・

しかし、コブを加工することで、グラブバーをつけたままでもコブが装着可能になります
もちろん、見栄え重視でグラブバーを外してコブを装着することも可能です

 

隼購入時にコブが加工されてた

コブの加工が必要なんですが、わたしが中古で購入した隼はすでにコブが加工されていました

コブ加工

コブ裏側の加工のみならず、コブ自体のカットもされていました

しかしこのままではまだグラブバーを装着したままではコブの取り付けは完璧ではありません

グラブバー後ろのボルト シートカウル後ろのボルト

そのままではグラブバー後ろのボルトと、コブの後ろのボルトがあたってしまりません

いっしー
いっしー
前のオーナーどうしてたんだろう?

一応グラブバー後ろのボルトを外せば取り付け可能

干渉しているのはグラブバー後ろのボルトなので、このままでもグラブバー後ろのボルトを外せば、コブの取り付けは可能
しかし、そんなことするんだったらグラブバーごと外してもほとんど同じことになります

 

干渉しているボルトを交換する

何はともあれボルトを注文する

低頭ボルト

対策方法は簡単、干渉しているボルトを低頭ボルトに交換するだけ

必要な低頭ボルトは

  • M6 x 20mm
  • M8 x 30mm

となります

各2本づつ必要です

M6 x 20mmが3本になっていますが、わたしがAmazonで購入する際、M6 x 20mmが一番安いのが3本入しかありませんでした

送料がかかるのでカートに一緒に入れておいて注文するようにしてくださいね

ボルトを交換する

ボルト比較

左が低頭ボルト、右がノーマルのボルトです
低頭ボルトはボルト部分の膨らみがほとんどありません

グラブバーボルト交換

グラブバー側のボルトを交換しました
こちらがM8 x 30mmのボルトになります

コブ側のボルト

コブ側のボルトです
こちらがM6 x 20mmのボルトになります

コブ装着干渉なし

あとはコブを装着するだけ!
まったく干渉はなくなり、すんなり装着できました

隙間が大きい

コブは無事に装着できましたが、思っていたより隙間が広い
前のオーナーが加工していたと思われますが、もう少しギリギリに目立たないようにしてほしかった(泣)

 

他の対応方法

コブ側の土台を浮かす

コブを浮かす

他の方法として、土台そのものをカラーかワッシャーで浮かす方法がありますが、全体が浮いてしまうので、雨天時の走行で大量の水が入ってくる可能性があるのであまりオススメできません