ツーリング

愛南町の絶景スポット!足摺宇和海国立公園「高茂岬」へツーリング

どうもバイク大好きないっしーです
季節がいいこの時期は晴れた日がお休みだったら1日でも多く乗りたい!
今回目指す到着地は愛媛最南端の「高茂岬」

この日は快晴!!
友達のZ2と一緒に、絶景スポットをもとめて出発

 

予定のルート

ビオスおおがた

9:00 高知市内の自宅出発
10:00 道の駅 かわうその里すさき
12:00 宿毛でお昼ご飯
14:00 高茂岬
16:00 鬼北町
18:00 帰宅

初めて行くところなんで、この通り行くとは思えませんが・・・
まだ日が暮れたら寒いので、できれば日があるうちに帰ってきたいところ

 

宿毛のオススメランチスポット

宿毛で食事するとなるとオススメなのは

  • 天下茶屋
  • 二ノ宮金次郎

天下茶屋は鉄板焼き、二の宮金次郎はラーメンとなります

走るコースと時間を考えると天下茶屋を利用したいところだったが、この日はあいにく天下茶屋は休店日となっているので、二ノ宮金次郎に行くことに

やはりこの日も行列で、到着してから出発するまでに1時間以上かかってしまった
しかしほとんど休憩もせずに走ってきたので予定から30分遅れくらい

 

高茂岬(こうもみさき)

高茂岬看板

場所:高茂岬の地図はこちら

高茂岬までの道路状況

高茂岬道路

御荘町から半島に向かって入り、紫電改展示場の少し先までは2車線のきれいな道路で、まるで佐田岬メロディーラインを走ってるかのような景色

しかし、外泊に入ってからは1車線となり、カーブもかなりきついのでゆっくり走る必要がある
バイクの場合でも同じことが言えるが、さらに道路の両端には枯れ葉が多く、車とのすれ違いでも神経を使ってしまう

わたしが行った時は交通量は少なく、すれ違ったのもバイク1台のみでした

この道路、桜の木が多く、この日はかなり桜が散ってて、道路はピンク色のところも多く、風が吹くと桜吹雪がキレイだった

いっしー
いっしー
花見の季節がとても良さそう

半島に入ってからはガソリンスタンドがないので、残量を確認して少ないようなら御荘町で給油しておきましょう

御荘町から高茂岬まで行って帰ってきても40km程度です

 

高茂岬に到着

高茂岬遊歩道

まるでサスペンスにでも出てきそうな絶景
高茂岬は遊歩道も整備されていて、散策することができます
遊歩道は1周するようになっているので、気軽に進んでいくことができるが、高低差がかなりあり膝に負担が多い

高茂岬にはトイレしかなく、自動販売機もありません

 

高茂岬灯台

灯台もあるので行ってみたが、灯台には入れなかった

 

高茂岬は撮影スポットが多い

高茂岬撮影スポット

高茂岬には撮影スポットが多いので、写真を撮るには困ることがありません
この日もかなりの枚数を撮りました

 

鬼北町

高茂岬からは宇和島〜鬼北町〜梼原〜高知のルートで帰ることにします
宇和島の街中を抜けたら快走路が続きます

道の駅 森の三角ぼうし

鬼王丸

こちらの鬼の名前は「鬼王丸」
めっちゃ怖そうな鬼だが、肩に特産品のキジが乗っているのが愛らしい
桃太郎の話があるので、鬼はキジ嫌いなんじゃないか?って勝手に思ってしまう(笑)

道の駅 日吉夢産地

柚鬼姫

腕に抱いているのは幼き日の「鬼王丸」
このかわいい赤ん坊があんな恐ろしい鬼の姿になるとわ!

それにしても柚鬼姫が色っぽい♥

 

高知市内の自宅に帰宅

道の駅日吉を出発してからが寒い寒い
梼原あたりは地獄の寒さでした。ちょっと時間が遅くなってしまい日が暮れてしまったのが原因

自宅に到着したのは18:30頃でした
距離は以外と走ってなくて360kmほど
でも、かなり疲れました

いっしー
いっしー
高知からのツーリングではちょうどいい距離感

 

まとめ

高茂岬は絶景が楽しめるとてもいいスポットでした

外泊に入ってからは道路がまるで教習所ばりにくねくね走行する必要があり
真夏に走ったりするとかなり汗だくになると思われるが、高茂岬に到着しても自動販売機はなく水分補給ができないので、前もって購入して持ってくることをオススメする

道路には落ち葉が多いので、バイクの走行では注意すること、特に雨が降った後などは滑りやすくなると思われるので余計に気をつけてください

高茂岬までを走るシーズンに最も適しているのは桜が咲いているシーズンです