読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【レビュー】9.7インチ型「iPad Pro」用「Smart Keyboard」を購入!LogicoolキーボードとMicrosoftキーボードの比較もあります

「iPad Air 2」を毎日使ってた私は9.7インチ型「iPad Pro」はとっても気に入ってる。これは「iPad Air 2」の進化系だから気に入らないわけがない。

 

ishimoto.hatenablog.com

 

その9.7インチ型「iPad Pro」を利用しやすくしてるのは「9.7インチ iPad Pro用Smart Keyboard」という存在。16,800円という価格ははっきりいって高すぎる、しかし私にはキーボードが必要だ、そしてこのレスポンスの良さはとても使いやすい。

 

9.7インチ型「iPad Pro」のレビューに続き、「9.7インチiPad Pro用Smart Keyboard」のレビューを紹介する。購入しようと考えている人の参考になれば嬉しい。

 

 

初めて見るカバー。

初めて見る私にとっては、不思議なカバーだ。

 

裏側。「iPad Pro」のディスプレイに触れる面に使われている素材は柔らかい

 

「Smart Keyborad」にはBluetooth用のスイッチなどはなく、「Smart Connector」を経由して給電しペアリングするようになっている。「Apple Pencil」で行ったようなペアリングでの操作は必要ない。開くとキーボードが出現。iPad用のキーボードはUSキーボードしかないので特に違和感なし。

 

キーストロークは問題ないが、打つと「パタパタ」という音がする。これには賛否が別れそう。打ち心地は良好だが、キーピッチが狭いので慣れが必要。

 

9.7インチ型「iPad Pro」に取り付けてみた。

角度は変えられない。とても残念だ。机の上で使う分には問題なし。

 

 

 

「Smart Keyboard」と「Logicool Keys-To-Go」との比較

Logicoolだと「Canvas」あたりが比較対象となりそうだが、ここは手元にある「Keys-To-Go」と比較してみる。

キーピッチ、キーストロークとも「Keys-To-Go」だが、「Keys-To-Go」は少しモッサリ感があり気持ち悪いとことろがる。

それに較べて「Smart Keyboad」で入力してると、文字がサクサク入るので気持ちいい!

 

こちらのキーボードの良い点は簡易防水がついていることだ。
誤ってキーボードの上にコーヒーをまいてしまったとしてもキーボードに隙間がないのですぐに拭けば大丈夫。

 一番の相違点はキーボードの切替キー(地球みたいなマーク)が使えるかどうかだ。
「Keys-To-Go」はキーボード切り替えキーを押すとホーム画面に戻ってしまう。

 

「Smart Keyboard」これは普通に動作するのだ

入力切替を頻繁に行う私にとっては非常に重要だ。

 

 

 

Microsoftの折りたたみ式キーボードもオススメ

わたしはこちらのキーボードも使ってます。

半分に折りたためるのでとてもコンパクトに運べます。

 

キーボードの特長としては日本語入力切替が楽です。

[Ctrl]+[Space]でも切り替えできますが、なんとCapsキーでも切替できます。

f:id:ishimotohiroaki:20170130123525j:plain

どうしてこのキーで日本語入力切替ができるかは謎です。

 

キータッチも上々です。

2つのデバイスとペアリングできるのが特徴で便利です。

おまけに、対応OSもiPad・iPhoneのみならず、AndroidやWindowsでも利用できます。

f:id:ishimotohiroaki:20170130123840j:plain

ある意味最強です。

 

 

 

 

iPadで文字を入力をよくする人には必須のアイテム

「9.7インチ型 iPad Pro」Wi-Fi+LTEモデルは444g。「Smart Keyboard」は230g、両方で674g。いつも持ち歩いている「MacBook」が920gなので微妙な差だが、軽いにこしたことはない。しかし、引き続きMacBookも併用するだろう。

iPadで文字入力するのにはいいアイテムだ。メールやSNSやTwitterへの投稿など、あれば入力作業は飛躍的に向上します。

もしキーボード買おうかどうしようか迷ってるなら、便利になること間違いないので早く買ったほうがいいですよ。