Apple

AppleWatchはバイクツーリングでとても便利だった

ガソリンスタンドAppleWatch

毎月一度はオートバイでツーリングに行ってるいっしーです
ツーリングに行く時にも、いつもAppleWatchをつけて行ってます

AppleWatchセルラーモデルはバイクツーリングでとても便利だった

ちなみにわたしのいつものツーリングスタイルは
身につけているのはAppleWatchと、クシタニのレッグバック
財布やスマホはレッグバッグに収納しています

created by Rinker
クシタニ(Kushitani)
¥27,500
(2019/12/09 21:23:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

時計がついてる

AppleWatchなので、時計がついているのは当然なのだが
バイクによっては時計がついてない

わたしの持っているZRX1200Rも時計はついてないのだ
隼は時計がついているが、よく時間がずれるので信用ならない
バイクの時計ってずれやすいんですよね〜

バイクから離れた時に時間を確認するには、レッグバックからスマホを取り出してからする必要がある

そのため、AppleWatchを購入前から時計はしていた

ツーリングに時計は必須です
走っている最中もさっと時間が確認できないと、待ち合わせ時間の確認もできやしない

 

他の腕時計との大きな違いは

AppleWatchは視認性がすごくいい

ことです。特に夜なんて眩しいくらい
スモークシールド付けてても十分視認できます

また、AppleWatch Series5からは常時点灯もできるようになったので、時計をわざわざ自分の方に向けることなく時間の確認もできるようになりました

 

通知機能が便利すぎる

AppleWatchには各種アプリと連動した通知機能があります
バイクで走ってる時はめっちゃ便利です

電話通知

バイクで走っている途中で、電話がかかってきた時に誰からの電話なのかすぐに分かります
場所によってはさっと止めて、そのままAppleWatchで受話することもできる

SNS通知

LINEやFacebook、Instagramなどの通知が手元でわかります
早く返事を返した方がいい相手なのか、後からでもいい相手なのかをすぐに判断することができる

 

支払いがとにかく楽になる

ガソリンスタンド電子マネー

ツーリングの時に一番使うのはスマホと財布
スマホは写真撮ったり、財布は支払い時によく使う

ガソリンスタンドでの支払いも可能

AppleWatchで支払う前は、レッグバッグを開き財布の中からクレジットカードを取り出し、支払ってからしまうという動作が必要でした。これがとても面倒
AppleWatchでの支払いなら何も取り出す必要はありません

※事前にApplePayへの設定・AppleWatchへの登録が必要です

すべてのガソリンスタンドで対応しているわけではないようですが、わたしがよく利用するENEOSとシェルのセルフのガソリンスタンドは使えました

はっきりいってめっちゃ楽なんで、AppleWatchを持っている人は是非ともApplePayを使ってみてもらいたい

コンビニでも支払いは可能だが

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)

PayPay Corporation無料posted withアプリーチ

 

AppleWatchでガソリンスタンドでの支払いと同様にApplePayでの支払いや、PayPayでの支払いは可能だが
AppleWatchでポイントも貯めるとなると、現在対応しているのはPONTAカードのみとなっています

Pontaカード(公式)

Pontaカード(公式)

LOYALTY MARKETING, INC.無料posted withアプリーチ

 

iPhoneのマップを使用すれば、交差点などではAppleWatchで指示してくれる

iPhoneに標準のマップアプリで目的地を設定しナビを開始し、iPhoneをレッグバックに収納したたままでも、交差点などの要所要所ではAppleWatchに表示されます
AppleWatchをずっと見ておかなくても、交差点などの案内時にはブルッと教えてくれるので安心して運転することができます

わたしはバイクにスマホホルダーがないので、この機能に頼っています

しかし、薄着の春〜秋にかけてしか利用できません
寒くなってきて上着もグローブもごつくなってくると、時計の確認ができなくなります

やはり、スマホホルダーはあったほうが何かと便利です

 

突然の雨でも安心の耐水性能

バイクでツーリングしていると雨に合うことも度々あります

AppleWatch Series2以降では水深の浅いスイミングくらいなら大丈夫な耐水性能をもっているので雨くらいならへっちゃらです

ツーリング中の雨って先頭が止まってくれなければ、なかなか止まりにくいもの
雨でも大丈夫な性能は最低限必要です

AppleWatchの耐水性能についてですが、わたしはスポーツするときも、手を洗うときも、AppleWatchをつけたままにしています
AppleWatch Series2はその状態で3年間使用しても何ら問題はありませんでした

 

グローブでAppleWatchのサイドボタンを長押ししてしまう

サイドボタン比較

温かい季節用のグローブって手首の長さが短く、グローブの端でAppleWatchのサイドボタンを長押ししてしまうことがありました
長押しされても何もおこらなければいいですが、AppleWatchのサイドボタンを長押ししてしまうとブルッとなるんで、どうしても気になってしまいます

AppleWatch Series5ではかなり改善されてる

上の写真を見てもらうとわかるように、Series5ではボタンの出っ張りがなくなっているのでかなり改善されています

 

バイクツーリングでAppleWatchにインストールしておきたいアプリ

LINE マイQRコード

バイクツーリングでインストールしておくことでさらに便利になるアプリを紹介します

LINE

AppleWatchのLINEでは以下のことができます

  • 新着メッセージの一覧表示
  • 音声入力での返信
  • スタンプの返信
  • 絵文字の返信
  • マイQRコードの表示

音声入力での返信をすると相手にはテキストで届きます

旅先で、LINEを交換する時に便利だったのが「マイQRコードの表示」
iPhoneを取り出すことなく、さっと自分のQRコードを表示できます
後は相手に読み取ってもらえば完了

Messenger(Facebook)

AppleWatchのMessengerでは以下のことができます

  • 新着メッセージの一覧表示
  • クイック返信
  • 音声入力での返信
  • 絵文字の返信

音声入力についてはLINEと同じ
絵文字の数はかなり多い

アメミル

アメミル

アメミル

Shimadzu Business Systems Corporation無料posted withアプリーチ

バイクツーリングで一番嫌なのは急な雨
もし雨が降ることを気づけると、それに越したことはありません

雨雲が近づくと教えてくれるアプリは他にも多数あるが、大抵は地域を設定しておく必要がある。しかしバイクツーリングの時にはそんな設定をしても意味がない

このアプリは自動で自分のいる位置に雨雲が近づいているか教えてくれるのが特徴
もうこれしかない!と思う
ただしGPS追従は有料。月額120円となっている
ツーリングに出かける前に有料にして、帰ってきたら無料にする設定が必要です

 

まとめ

バイクツーリング時にAppleWatchはとても便利でした
AppleWatchを身につけておくことで、スマホや財布を出す回数が明らかに減ります

また特にセルラーモデルがいいと思ったのはロングツーリングに出かけた時でした
ロングツーリング(宿泊含む)になると、走ってる途中ではできるだけツーリングバッグの中でスマホを充電するようになります
休憩で少しバイクから離れるときや、食事の時など、スマホがなくてもいい時は、AppleWatchと財布だけでいけました

これからもAppleWatchが便利なシーンは出てくると思いますので、その時はまたこちらで報告していきたいと思います