家電・ガジェット

スタイリッシュで小さいモバイルバッテリー「cheero Power Plus 5 10000mAh」レビュー

モバイルバッテリーの進化が止まりません!
私的にはそろそろモバイルバッテリーそのものの進化はとまって、Qiやソーラーに対応してくるものだと思っていました

しかし、今回cheeroから発売されたモバイルバッテリーは一味違います
スタイリッシュで小さいんです
色もAppleのスペースグレイに近い色になっていてオシャレ

 

cheero Power Plus 5 10000mAhの紹介

cheero Power Plus 5

最初の印象としては本体に比べて箱が大きい
面積でいうと本体に比べて2倍くらいあります

手のひらサイズ

サイズはちょうど手のひらに収まるくらいのサイズ
ただし重さは普通の1000mAhクラスのモバイルバッテリーと同じくらいなので、小さい分少し重く感じてしまう

ボディはアルミとなっていて、使ってなければひんやり冷たい
高級感もある

製品仕様

品名 cheero Power Plus 5 10000mAh
型番 CHE-101
容量 10000mAh / 36Wh
サイズ(本体) 約46mm X 98mm X 24mm
重量(本体) 約205g
付属品 USB-C to USB-C ケーブル、取扱説明書

本体は小さいが、重さは普通

製品説明

バッテリーメーターがデジタル表示になってます!
今までのモバイルバッテリーは大抵のものが4つもしくは5つのランプで残量をお知らせするものでした
今回はデジタル表示になっているので1%刻みです

USB-Cポートはモバイルバッテリー本体への充電および、他機器への給電に使います
USB-Aポートは給電専用となっています

電源ボタンでバッテリー残量が表示されます

ほとんどの機器はケーブルを接続すると自動で給電が始まりますが、給電が始まらない場合は電源ボタンを押してください

気になる本体の充電時間は?

PDを利用しての充電時間は約3時間となっています
ぜひともPDに対応した充電器を用意しておきましょう

  • 充電しながら、他の機器を充電することはできません
  • 長期間使わないとバッテリーが自然放電して劣化するので、3ヶ月に一度は充電するようにしてください

 

大きさ比較

初代モバイルバッテリーの大きさは半分

進化が感じられます

バッテリー容量が同じ初代モバイルバッテリーと比べると大きさは約半分となりました
重さは変わりません
厚さも同じくらいです

cheero Power Plus 4 13400mAhとの比較

やはり小さい
厚さはほぼ同じ
ケースがアルミとなっているので高級感は全然違う

 

競合情報

cheero Power Plus 5と比べるなら、やはりAnker PowerCore 10000 PDだろう

モバイルバッテリーといえばAnkerと思っている人が多いとは思う
わたしも両方の製品を使っているが、cheeroもAnkerも全く遜色ないレベル

cheero Power Plus 5はアルミ素材でありながら、Ankerと比べると一回り小さく、それでいて1,000円近く安い

 

まとめ

ビジネスバッグにいつも入れておくのはもちろんのこと、ちょっとしたお出かけにも使えるいいサイズ

この容量でこの大きさは素晴らしい製品だ

これから1000mAhクラスのモバイルバッテリーを購入しようと思っている人には是非とも選択肢にいれてほしい
価格もこのクラスにしては最安です

 

読者プレゼント【終了しました】

メーカー様のご好意により、今回ご紹介させていただいたモバイルバッテリーを2個プレゼントさせてもらえることになりました
この2個をいつもブログを読んでくれている読者の方に差し上げます
なお、当選は発送をもってかえさせていただきます。送料は着払いとなります

こちらのお問い合わせフォームから入力をお願いします
※申込み期限は2019年5月31日までとします
題名に「モバイルバッテリーほしい」と入力し、メッセージ本文には送付先の情報をお願いします