バイク乗りの必需品!ロングツーリングには是非とも常備したいARTECKジャンプスターター

ARTECKジャンプスターター中身

 

どうも!バイク大好きいっしーです

ツーリングも大好きなんで月に2回は行ってます

 

そんなわたしがずっと前から欲しかったアイテムが「ジャンプスターター」

バッテリ上がりの救世主です

 

 

 

すぐに上がってしまうバッテリー

バイクってたまにしか乗らないんですぐに上がってしまうんですよね

乗ろうと思った時に乗れないのは悲しくなります

今は前日にはエンジンがかかるか確認し、エンジンがかからないようなら充電するようにしています

 

こちらは私が愛用しているCTEKのバッテリーチャージャー

バイク専用ということであればこちらで十分です

 

 

 

突然エンジンがかからなくなることも

今までで一度しか経験したことありませんが、エンジンをストップするとエンジンがかからなくなったことがあります

その時の記事はこちら▼

愛媛ラーメン食い倒れ水曜ツーリング♪⌒ヽ(*゚ω゚)ノ - 石ログ

 

この時は運良く友達に連絡ができたので助けてもらうことができましたが、JAFに頼むと一般道の昼間で12,880円もかかります

そんな時にこのジャンプスターターを持っていれば自分でエンジンを始動することができます。バッテリーにアクセスするための工具は必ず常備しておいてください

 

 

 

ARTECK ジャンプスターター

今回紹介したいのはモバイルバッテリーでエンジンを始動できるジャンプスターター

バッテリー容量が8000mAhとなっているので、車なら2.5Lまで始動可能なものです

容量が大きくなればもっと排気量の大きな車でも始動可能となりますが、その分モバイルバッテリーが重たくなってしまうので、バイクに積載するには不向きとなってしまいます

 

ARTECKジャンプスターター外箱

ARTECKジャンプスターターケース

ARTECKジャンプスターターケース中身

ARTECKジャンプスターターユーザーズマニュアル

日本語マニュアルが付属しています

 

ARTECKジャンプスターターバッテリー本体

電源を入れるとバッテリの残量が確認できます

満タン状態でした

 

 

左が車のバッテリーに接続させるための端子

真ん中がUSBとなっていて、付属のケーブルなどを使ってスマホなどを充電することが可能です

右がLEDライトとなっています。電源ボタンを3秒以上押すことにより点灯できます。LEDライトは夜間の作業には必需品

 

ARTECKジャンプスターター本体microUSB

 

充電はこちらの端子を利用します。microUSBとなっています

 

ARTECKジャンプスターターケーブル

 

こちらがバッテリーに接続するためのクリップ

 

ARTECKジャンプスターターUSBケーブル

 

USBケーブルも付属

端子は、miniUSB、microUSB、Lightning、30pinケーブルとなっています

 

 

ARTECK ジャンプスターターをバッテリーに接続

クリップのケーブルが短いのが少し使いづらいです

ARTECKジャンプスターターケーブル

長さが分かりづらいので、AppleWatchと比べてみました

バッテリーの真上にアクセスする必要があります

 

ARTECKジャンプスターターケーブルカバー

カバーを開けます

 

 

バッテリーとうまく接続できて、セルが回せる状態になると緑色のランプが点灯します

 

ARTECKジャンプスターター赤色点灯

 

赤色で点灯している場合は何らかの問題があるので、セルは回さないようにしてください

 

 

 

充電用のおすすめケーブル

ARTECKジャンプスターター本体への充電は付属のケーブルでも可能ですが、残念なのは最近急に対応製品が増えてきたUSB Type-Cケーブルがないこと

わたしのXperiaもUSB Type-Cとなっています

そこでオススメなのがARTECKジャンプスターターに充電できるmicroUSBとUSB Type-Cが一つとなった商品。おまけに巻取り式になっていてケーブル同士が絡むことなく持ち運びもしやすい

わたしは付属のケーブルの代わりに、こちらのケーブルを持ち運ぶようにしています

 

 

 

バイクで利用するために是非とも改善してほしい点

バッテリークリップを小さくしてほしい

車では全く問題ないであろうクリップ部分ですが、バイクで使うにはちと大きすぎます

バイクのバッテリー部分は基本的にスペースが狭いため、付属のバッテリークリップでは挟めないことがあります

 

WR250Rでは赤のプラス側にどうしてもクリップではさめませんでした

バッテリ脱落防止用のゴムバンドを外して、若干引き出すことによってクリップをはさむことができました

 

 

 

まとめ

バイクでロングツーリングに行く際には是非とも装備しておきたいアイテムだ

スマホの充電も可能なので、今でもツーリングの際にモバイルバッテリーを装備している人には是非ともジャンプスターターのモバイルバッテリーを装備してほしい

他にも多くのモバイルバッテリーが存在するが、バイク用なら軽量のこのバッテリーで十分だ

この価格では破格でケースも付属しているのでバイクのバッグに入れておきやすいのも特徴の一つとなっている

 

 

 

関連文書

CTEK バッテリーチャージャーは大活躍してます▼

ZRX1200Rのバッテリー(台湾YUASA YTX14-BS)を購入!作業始めて24時間後くらいで取り付け可能になります - 石ログ

 

USB Type-Cケーブルが短くてもいいならセリアのが良かった▼

セリアで100円の「USB type-c」ケーブルの実力は?Xperia XZ SO-04Jで検証してみた - 石ログ