【伯方島】料理旅館せとで宿泊!晩御飯でいただいた「蟹のまるごと唐揚げ」は最高

 

どうも!いっしーです。

伯方島での今日の宿泊は「料理旅館せと」です。前身は魚料理屋さんでその延長から料理旅館なったとのことで、料理を楽しみにせずにはいられない。

値段も伯方島の中では一番高い宿泊場所なので、その点からもかなり期待しています。

 

駐車場はお店の前に十分なスペースがあります。区切られてはいませんので適当に駐車すればいいです。

自転車用のスタンドもありますので、自転車で来られても大丈夫です。

 

 

 

料理旅館せとの館内とお部屋

行った時が丁度夕飯の支度をしてる時間だったので誰もいません。

 

Ehime Free Wi-Fiが利用できました。

接続方法はこちらから

 

「すみませーん」と呼ぶとすぐに来てくれてお部屋に案内してくれました。

 

一番古いサインは「東京オリンピック」って言うのがありました。こちらの旅館、何年創業なんだろ?

 

館内はよく掃除されててとてもキレイでした。

 

この日は一人で宿泊だったが、通された部屋はとても広く、4人でもゆっくりできる部屋でした。

一応部屋の鍵がありました。

 

部屋の割にはとても小さいテレビ

 

洗面台が部屋にありました

 

ユニットバスが部屋についてました。

しかしこの日はとても寒く、部屋から一歩外に出る必要もあるのでトイレもめっちゃ寒かったです。

 

押し入れを開けると、ドライヤー、歯ブラシ、タオル、バスタオル、浴衣、丹前がありました。

 

宿泊した日はちょうどスーパームーンの日だったので、部屋からは素晴らしい景色を楽しむことができました。

 

大きいお風呂もありました

こちらが脱衣所

狭いけど清潔でした。

 

シャワー2つと、湯船が1つでした。

 

お風呂は蓋されてたので、自分で蓋を開けて入ります。

 

 

料理旅館せとの食事

晩御飯は部屋食になってました

ご飯は炊き上げるまでに25分くらいかかるそうなんなので最初にセットされました。

 

お刺身もとても美味しい。

 

何かのかまの焼き物。

 

こちらがこの旅館の名物料理「脱皮蟹のから揚げ自家製甘酢がけ」です。

殻ごと揚げているのにバリバリ食べれてとても美味しい。

ビールのつまみに最高でした!

 

筋もかなり見えるので、蟹の足もそのまま食べてたみたい。

蟹のまるごと揚げ、想像してたものと全く違い、蟹特有の臭みなども全く無く誰でも食べれやすいように調理されています。

 

この魚の名前聞いたけど忘れました。

あっさりしててとても美味しい。

食事の後半にこういうあっさりとしたものが出てくるのも嬉しい。

 

最後にご飯も炊きあがりました。

こちらも色はほとんどついてないが、味はしっかりしており美味しかったです。

〆に最高でした。

 

 

朝御飯は玄関入って左側の部屋でした

お茶はセルフになっていました。

 

 

ご飯はおひつでくるので食べ放題。

 

やっぱり愛媛ですね。みかんは外せません。

 

 

 

まとめ

料理旅館せとは「船折瀬戸」が目の前にあり、部屋からは素晴らしい景色を見ることができる。

 

すぐ目の前を大きな船が通っていく姿は圧巻。

瀬戸内なのに関わらず、天気もいいのに「船折瀬戸」は波がたっているのが分かる。

是非とも天気が良い日に宿泊してもらいたい。

 

料金については、1泊2食付きで10,000円のスタンダードコース、12,000円のファーストコース、14,000円のデラックスコースがある。

今回宿泊したのは10,000円のスタンダードコースでした。一人で宿泊する場合プラス1,000円がかかりました。

 

10,000円のコースでも十分だったが、これだけ料理が美味しいと14,000円のコースでも宿泊したいと思いました。

料理旅館せと、とてもオススメですよ。

 

料理旅館せとの情報や宿泊予約はこちらから