読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社員の能力が最大限発揮できる職場ってなんだろ?ハード面で3つの提案

f:id:ishimotohiroaki:20160714150736j:plain

 

どうも!サラリーマンのいっしーです。

 

自分の役職があがるにつれて、社員の能力が最大限発揮できる環境を作ってあげたいと思うようになりました。

 

快適な職場を目指すにはハード面(設備や備品など)とソフト面(ヘルスケアやストレス軽減など)がありますが、今回はハード面についての話です。

ソフト面についても色々改善の余地はありますが、これはまた次の機会に。

 

ちなみに、わたしはシステム開発をするのでほとんど座りっぱなしの仕事です。

 

 

 

自分のデスクは必要

自分のデスクはあった方がいいと思います。システム開発でプログラムを書く現場は特に自分のデスクは必要だと思います。

営業は特に決まったデスクは必要ないと思います。

フリーアドレスで自席が決まってなくて、毎日席が変わるというのもあります。これはこれで職種によっては効果があると思います。違う部署の人が横に座るので電話や同僚と話していることも耳に入ってくるので「ああこの部署はこんな仕事してるんだ」と思うことによって、その仕事に関係する内容があった時に聞くことができたりしますよね。

イスはいいものを使ってほしいな。なんせ一日中座ってるんだもの、それも異常な時間。うちの会社でイスを決めてるのは総務部、うちの会社の総務部の人達って8時間しか座ってないんだよね。毎日12時間以上座っている人の気持ちってわかんないよね。

特にわたしは腰痛持ちだからいい椅子が欲しいと常日頃思っている。

不快感を伴わず長時間座っていられってことはその分業務効率の向上にもつながるはずだ。

こんなイスがあったら毎日会社に来るのが楽しみ(^^)

 

 

 

しっかり休憩できる場所が必要

ここでしっかりと言ってるのは立って休憩とかは論外ということです。
タバコを吸ってる人は仕方ないと思いますが、立ったままなんて休憩になりませんよ。

リフレッシュして仕事の効率あげたいのに全く意味がない。

こちらはどういう休憩場所がいいのかはっきりとしたイメージはないけど、漠然とソファーとテーブル、眺めが良くてリラックスできるところがいい。

うちの会社は会議室が増えている、もちろん必要だ、しかし働いている人のことを考えると休憩場所は必ず必要だ。

食堂があるのでここが休憩場所にはベストだ。なんとかリラックススペースに変化させたい。

 

少し話がそれるが以前にも書いたように、昼寝が自由にできる環境もいいと思ってる。

www.ishimotohiroaki.com

しかし昼寝についてはこのような共有スペースではなくデスクの方が静かでいいと思う。

タバコは堂々と休憩といって休む時間があるのだから、昼寝も堂々としていいと思う。

 

 

 

快適な室内環境

わたしの会社は田舎にあるせいかとても静かだ。車の音もそんなに聞こえません。

室内で仕事する分にはエアコンもよく効くしとても良い環境だ。

しいてあげるとすれば高性能な空気清浄機が欲しい。
春や秋などの風が気持いい日は窓をあけることも多いし、週に一回しか掃除もしないのでホコリも以外と多い。

匂いも重要な要素だと思う。自分では気づかないが私も加齢臭全開なはずだ。
その様な体臭についても臭わない方がいいので高性能な空気清浄機欲しいな。

 

 

夏場は全館で冷房にしてほしい。廊下にエアコンあるんだけど電源いれてくれないんだよな。涼しい室内からトイレに行く時なんかに廊下にでると何か体力消耗してしまう感じがするし不快感がある。
昼間の間だけでも電源いれて欲しい。

 

 

 

まとめ

快適な職場環境は社員の能力も120%発揮されると信じて、もっといい職場環境にしたくてすぐにでも実践できそうな3つをあげてみました。

ちょっとしたことで仕事の効率が上がることはあるはずだ。絶えず考えていきたい。

しかし快適な職場にはソフト面も重要だよな。よく考えてみよう。