MNPするなら格安SIMはLINEモバイルで決まり!安く契約する方法も紹介

 

どうも!いっしーです。

まだ高い料金をDocomoに支払っている人いるんでしょうね。

まぁ電話かけ放題のサービスが欲しい方なんかにはDocomoもいいんですが、あなたにはそこまで必要ないんじゃないかな?

だって話すだけなら、LINEやFacebookの通話アプリがあるじゃないですか。おまけにアプリ使えばテレビ電話になります。

それ使えば無料で話を続けられますよ。

おまけにLINEモバイルなら、LINE通話で話す分は課金0円となっています。

 

わたしはDocomoから格安SIMに変更する際に、mineoにすべきかLINEモバイルにすべきか迷いました。

格安SIMに乗り換えるにあたり、mineoにするべきかLINEモバイルにするべきか悩んでます

 

結論はLINEモバイルにしました!

契約後数日利用しましたが、LINEモバイルにしてよかったと思ったので、そのポイントを紹介していきます。

 

 

Docomoのスマホであればそのままで利用できます

LINEモバイルはDocomo系のMVNOとなっています。そのため、現在使っているスマホがDocomoならいつでもLINEモバイルに変更可能です。

 

目次

 

 

 

LINEモバイルの料金プラン

まず最初にどうしようか悩むのが料金プランですよね。わたしも悩みました。

LINEモバイルの料金プランは大きく分けて3つ、「LINEフリープラン」か「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」となっています。

 

途中でも変更可能となっていますので、LINE利用がメインの方は「LINEフリープラン」、それ以外のSNSやゲームする方は、「コミュニケーションプランフリープラン」を選べばいいでしょう。

 

普通に使っている人であれば、LINEフリープラン1,200円で十分使えます。

理由の一つとしては後でも書きますが、使いきれなかったデータの当月分は翌月分にも繰越されて、繰り越された分から使っていかれる仕組みとなっています。それも勝手になります。

その他、友達とも余った分を分け合える「データプレゼント」という機能もあります。なんとこちらは、LINEアプリからデータを簡単にあげることができます。

 

 

 

LINEモバイルの料金プラン:LINEフリープラン

f:id:ishimotohiroaki:20170502153117j:plain

 

LINEモバイルの料金プラン、LINEフリープランは月額500円から利用できるプランとなっています。

このプランの特徴は何と言ってもLINEアプリが使い放題

 

サービスタイプは3つ

データ通信のみ 月額500円
データ+SMS 月額620円
データ+SMS+音声通話 月額1,200円

 

 

もしLINEフリープランの1GBを使い切ってしまった場合どうなるのか?

安心してください。LINEは何も変わりません。そのままの速度で使い続けられます!

もちろん普通の電話も使えます。

影響がでるのは、電話とLINEアプリ以外のみとなっています。どうしても必要となった場合でもすぐにLINEモバイルのサイトから有料で追加することができます。

 

 

 

LINEモバイルの料金プラン:コミュニケーションフリープラン

f:id:ishimotohiroaki:20170504101547j:plain

 

LINEモバイルの料金プラン、コミュニケーションフリープランは月額1,110円から利用できるプランとなっています。

このプランの特徴は何と言ってもLINE、Twitter、Facebook、Instgramが使い放題

なんとそれはテザリング時にも適用されます!

おまけにアプリでなくても課金されません。WebブラウザーからTwitterやFacebookなどを使っても適用されます!

 

その変わりと言っては何ですが他の格安SIMのように、データSIM専用のプランが 存在しません。データSIMにはSMSもついてしまいます。

 

コミュニケーションフリープラン料金

容量 データSIM(SMS付き)
データSIM+SMS
音声通話SIM
データSIM+SMS+音声通話
3GB 月額1,110円 月額1,690円
5GB 月額1,640円 月額2,220円
7GB 月額2,300円 月額2,880円
10GB 月額2,640円 月額3,220円

 

 

 

わたしがどうしてLINEモバイルにしたか?

数ある格安SIMのなかで、LINEモバイルにした決定的な理由は2つ

  • LINEの年齢認証ができる
  • SNSのカウントフリーサービスがある

 

LINEの年齢認証ができる

あまり知られてませんが、他の格安SIMではLINEの年齢認証ができないんです。

LINEの年齢認証が何に影響するかというと、年齢認証ができないと、LINEのID検索ができなんです。

これが非常に大きい、遠くの友達とLINEで友達になるときに「ふるふる」や「QRコード」は使えない。リンクを送信する方法もあるが、メールアドレスを知る必要があります。

LINEのID検索だと、LINEアプリだけで完結するんですよね。

 

SNSのカウントフリーサービスがある

これは今までも説明してきたサービスですが、SNS系のサービスがデータ量にカウントされないのは月額料金を安くするのに貢献します。

カウントフリーサービスはデータ容量を使い切ってもずっと高速で利用できる点も大きいです。

 

 

 

わたしが家族の分をどう契約したか?

今回LINEモバイルに変更したのは、奥さん、長男(大学生)、次男(中学生)の分です。

奥さんは、コミュニケーションフリープラン3GB

長男は、コミュニケーションフリープラン3GB

次男は、LINEフリープラン

1,690円 + 1,690円 + 1,200円 = 4,580円 です。

今までのDocomoからの請求は、23,000円ほどだったので、18,000円くらいの減額となりました。

毎月18,000円の減額は大きいです。奥さんは貯金にまわすって言ってます。

 

契約はそのようにしましたが、奥さんが全く3GBを使えないので、最近LINEフリープランに変更しました。

変更は、来月の1日からになるのですが、来月からはさらに490円も安くなります。

データ通信量が少ないのは、自宅にWiFiがあるのが大きいです。

 

 

※2017/8/7追記

f:id:ishimotohiroaki:20170807095128j:plain

奥さんの分をLINEフリープランに変更して、2017年8月の支払い金額が¥856(税込)となりました。

安い!!

基本利用料が無料というのが大きいですが、それをいれても1,985円とDocomoの時からいうと半額以下。

MNPを考えているなら、できるだけ早い方がメリット大きいですよ。

 

 

 

DocomoからLINEモバイルへの変更手順

DocomoのスマートフォンもしくはSIMフリーのスマートフォンを使ってるかたの変更手順になります。

AUやSoftbankのスマートフォンを使っている場合、SIMロック解除という操作が必要になります。

 

1.DocomoでMNP予約番号をもらう

自分が使用している電話番号をそのまま引き継ぎたい場合は、MNP予約番号が必要です。

ここで「あー、そんなの面倒くださいな」と思う方がいらっしゃると思いますが、ドコモショップに行くと、すぐに発行してくれるので、ほとんど手間にはなりませんよ。

 

 

2.LINEモバイルのホームぺーじから申し込む

LINEモバイルの公式サイトにアクセスしてインターネットのみで申し込みが可能です。

公式サイトLINEモバイル

 

【重要】事務手数料を安くする方法

通常LINEモバイルのホームページからそのまま契約すると事務手数料が3,000円かかりますが、それを990円にできる方法があります。

 

データSIMを申し込もうとしてるかたはこちら

 

音声SIMを申し込もうとしてるかたはこちら

 

 

LINEモバイル契約時に本人確認があるんですが、一番楽で審査に通りやすい方法が運転免許証です。

LINEモバイル契約時に運転免許証をカメラで撮影してそれを送信することになりますので用意しといてください。

 

所要時間は約30分ほどかかります。

余裕をもって契約しましょう。

LINEモバイルの申込みはこちらから

 

 

 

SIMカードが到着したら、スマートフォンのDocomoSIMカードと差し替えます

 

SIMカードは3営業日くらいで到着します。

SIMカードが届いたらDocomoのSIMカードと入れ替えます。

 

次に以下の手順を参考に、スマートフォンでAPN設定します。

Androidの場合:APN設定方法(Android) - LINEモバイル

iPhoneの場合:APN設定方法(iOS・iPhone) - LINEモバイル

 

次男のXperiaでAPN設定をした際に、「MCCのフィールドには3桁で指定してください」と表示されました。

もし表示されたら、あせらずAPN設定画面にMCCフィールドとMNCフィールドがあるので、MCCに440、MNCに10を入力してください。

 

 

最後にMNPを開通

同じ電話番号をDocomoからLINEモバイルに変更させるための手順となります。

 

MNPを開通させるには以下の3通りの方法があります。

  • マイページから「MNP開通申し込み」をクリックする
  • LINEモバイルカスタマーセンターのMNP開通窓口に電話する
  • 放っておく

 

MNP開通申し込みボタンを押す

f:id:ishimotohiroaki:20170504150748p:plain

わたしはこの方法で行いました。

しかし、わたしは日中忙しかったので夜間行いました。すると翌日の9:00から順次開通作業が行われるということで、翌日の11:30頃に開通となりました。

開通すると登録のメールアドレスに開通の案内メールが届きました。

 

 

LINEモバイルカスタマーセンターMNP開通窓口に電話する

LINEモバイルカスタマーセンター MNP開通受付窓口:
0120−889−279
受付時間:10:00〜19:00(年中無休)

 

 

放っておく

SIMカードが届いた日から、翌々日の午後以降に順次切り替え作業が行われます。

なので放っておいてもいずれ切り替えられますので、逆に注意が必要です。

 

 

 

さいごに

特別な理由がない限り、Docomoで契約を続けるメリットはありません。

やってみると意外と簡単でした。

安くなるのは間違いないのでとっととLINEモバイルに乗り換えましょう!

 

LINEモバイルの申し込みはこちらから