民泊WiFiとは?初期費用・月額料金・ネット速度・メリットについて徹底解説!

f:id:ishimotohiroaki:20180319151719j:plain

 

どうも!サラリーマンブロガーのいっしーです。

 

このページでは、モバイルルーターの「民泊WiFi」について、最初にかかる初期費用から月々にかかる月額料金、回線速度などのメリットを解説して紹介していきます。

 

民泊WiFiと聞くと、名前からAirbnbでしか利用できないんじゃ?と思いがちですが、全くそんなことはありません。

複数人・複数機器でも利用できるデータ制限がないモバイルルーターです。

 

 

目次

 

 

 

民泊WiFiとは?

民泊WiFiとは、自宅でも外でもWiFiを使ってパソコンやスマホからインターネットを快適にできるモバイルルーターです。

工事する必要なく、モバイルルーターが手元に届けばすぐに利用できます。

設定もかんたんなので誰でも簡単にWiFiで接続することができます。

初期費用と月々にかかる料金も格安のためユーザーからの満足度や人気度が高いモバイルルーターとなります。

民泊WiFiの公式サイトはこちら

 

 

最初にかかる費用について

初期費用 0円
端末代金 0円
事務手数料 4,500円(税抜き)
当月利用料金 4,500円(税抜き)
翌月利用料金 4,500円(税抜き)

 

初期費用と端末代金は無料となっています。

最初にかかる費用は13,500円(税抜き)となります。

 

 

月額料金について

月額料金 4,500円(税抜き)
月間データ容量 無制限
お支払い方法 PayPal・請求書後払い(コンビニ・銀行・郵便局)
契約期間 2月

 

月額費用の中に安心サポートパック980円が入っています。

安心サポートパック内容
故障の場合 本体(電池パック、電池カバーまで含む)はレンタル期間中は無制限に修理・交換いたします。(※USIMカード除く。要送料500円、返却送料)
紛失の場合 保証適用にて端末弁償金を補填致します。(通常、レンタル時の端末・USIMカードセットにて返却されない場合30000円の弁償金が発生致します) 代替品送料500円、手数料1000円。※USIMカード除く 尚、6ヶ月以内毎に1回まで端末代金無料にて代替品をご提供(要代替品送料500円、手数料1000円) ※USIMカード除く また、6ヵ月以内の二回目の紛失は新規契約扱いとなり、別途Wi­Fi契約事務手数料がかかります。USIMカードを紛失された場合は4,000円(税抜)がかかります。

※修理、再発行期間中でもレンタル料金は発生します。
※保証適用には警察への紛失届が必要となります。

 

 

お支払い方法について

お支払い方法は、PayPalもしくは、請求書が届いての後払いが可能です。

 

PayPal払いの方は、まずはPayPalへの新規登録が必要となります。登録料はもちろん無料です。

PayPalへの新規登録はこちら

 

PayPalはとても安全な決済システムです。例えば、もしPayPalで支払って商品が届かなくてもPayPalが保証してくれます。

 

請求書が届いての後払い(コンビニ・銀行・郵便局)にも対応しています。

 

 

モバイルルーター機種について

  Pocket WiFi 601HW
通信速度 最大612Mbps
対応エリア SoftBank 4G/SoftBank 4G LTE エリア
通信時間 8.5時間
Wi-Fi規格 a/b/g/n/ac
サイズ 109.9x65.1x15.5
重量 135g

 

機種は1種類のみとなっています。

サイズ・重量とも通常のモバイルルーターと同じです。

 

 

 

民泊WiFiのメリット

すぐに届いて、すぐに使える

申込み後、約1週間ほどで郵送されます。

 

電源を入れて液晶画面に表示されるSSIDとパスワードを入力するだけなので3分ほどで設定完了です。

 

 

通信制限なし

他のメーカーみたいに何ギガ使ったから制限するよっていう線がないので、明確な通信制限がありません。

わたしも月間50ギガ以上使っても通信制限はかかりませんでした。

もし通信制限がかかってしまっても、代替機を送ってもらえます。

 

 

契約期間なし

他メーカーみたいに、2年縛りや3年縛りというものがないので解約しやすい。

実際2年後なんて、もっといいサービスが出てそうです。

 

 

エリアが広い

回線はエリアが広いSoftBankを利用しています。

カバー率が100%ではないので確認はこちら▼

サービスエリアマップ | サービスエリア | 通信・エリア | モバイル | ソフトバンク

 

 

 

民泊WiFiデメリット

契約時の支払い料金が高い

契約時の支払い料金が13,500円(税抜き)となり、最初に払うお金が高いです。

 

ただし、当月と翌月分を払っているだけなので、実質多く払っているのは契約時の事務手数料4,500円のみとなります。

 

 

 

民泊WiFiまとめ

チェックポイント

  • 最大612Mbpsの回線速度
  • 初期費用は13,500円(税抜き)
  • 月額料金は4,500円(税抜き)
  • 通信は実質無制限
  • 最低利用期間なし

 

申し込みはインターネットからおこなえ、工事不要でモバイルルーターが届くとその日から使えるのが民泊WiFiです。

 

モバイルルーターの中なら民泊WiFiが一番オススメです!

 

民泊WiFiの公式サイトはこちら