読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BRUNO グリルポットを購入した私が教える良いところと悪いところ

どうも!いっしーです。

BRUNOホットプレートを販売しているイデアインターナショナルから新しい商品が発売されました。

 

BRUNOホットプレートの記事はこちら

関連文書BRUNOホットプレートグランデサイズがとても良かった

 

それもBRUNOグリルポットは、1台で4役もこなせるというすぐれもの。

ホットプレートの出来がかなり良かったことからこのグリルポットもかなり期待できそう。

早速購入して使ってみたところ良いところもありましたが、是非とも改善してほしいところもあったので紹介します。

 

 

 

BRUNO グリルポット外観

箱はかなりオシャレ

この箱の写真だけで美味しくできそうと思うのはさすがです。

 

f:id:ishimotohiroaki:20161230194730j:plain

天ぷら用の蓋と、蒸すためのアミが付属しています。

 

 

BRUNO グリルポットは「煮る」「焼く」「揚げる」「蒸す」の1台4役

電源ケーブルと土台の熱源にあたる部分になります。

 

お鍋したり焼いたりする時はこのまま利用します。

容量は最大2Lとなっており、大人4人で食べるには少し小さいサイズとなっている。
しかし、家族4人(子供2人は小学生)というような家族構成だとちょうどのサイズ。

 

グリルポットを蒸し器として利用する際は、下に水をいれてこのアミを利用します。

 

天ぷらする時はこの揚げ物カバーを利用します。

これにより油の飛び散りを軽減します。

 

 

 

BRUNO グリルポットの良いところ

デザインがおしゃれ

これはホットプレートにつながるところだがそのまま台所においといてもとてもおしゃれです。

わざわざ片付ける必要がないのもいい。

 

お鍋がとても軽い

これもホットプレートにもつながるところだが、お鍋もとても軽いので持ち運びはかなり楽。

お鍋が軽いので、とても洗いやすい。

 

お鍋が火にかけれる

お鍋は直火にかけられるので、ガスコンロなども利用可能です。

 

 

 

BRUNO グリルポットの悪いところ

IHで利用できない

このお鍋残念なことにIHで利用できない。

できればガスコンロ、IHともに利用できるようにしてほしいところ。

 

食洗機で洗えない

このお鍋とても軽いので洗うのも簡単なのだが、それでも食洗機で洗えたらさらに嬉しかった。

 

 

 

まとめ

このグリルポットはお鍋したりする時に用意したり片付けたりするのはとても楽。

台所に出しっぱなしで置いといてもデザインがとってもおしゃれなのもイイ。

もしこれからお鍋を買う人は是非検討したほうがいいです。

お鍋とガスコンロや電気コンロ買うことに比べたら安いし用途も多いので自信をもってオススメします。

 

色は赤色と白色があります。