MacBook Airのセカンド充電器としても最適の「cheero USB-C PD CHARGER 45W」を紹介

 

MacBookの充電がUSB-Cになって数年が経過しました

今では全てのMacBookがUSB-Cになり、iPad Pro(2018)もUSB-Cとなりました

モバイルバッテリーの充電も、USB-C充電となり急速充電可能なPD対応が進んでいます

MacBook Pro(2018)やiPad Pro(2018)ではPD対応となっているのでPD対応の充電器を使うにはメリットがあります

 

またわたしの場合、職場と自宅で充電することがほとんなので、できれば大きくて重い充電器は持ち歩きたくない

なので、職場と自宅の2つ充電器がほしい

 

 

 

cheero USB-C PD CHARGER 45W

 

USB-Cケーブルは付属していないので必要な場合は別途購入する必要がある

その際には45WPDに対応したケーブルを購入してください

 

 

 

 

MacBook充電器と比較

 

MacBookの充電器は29W、それに比べてcheero PD CHARGERは45Wとなっているのでひと回り大きい

コンセントは同じように中に折りたたむことができる

 

PDに対応したUSB-Cケーブルを使うことで急速充電に対応している機種への急速充電が可能となっており、MacBook Pro(2018)なら約2時間、iPad Pro(2018)なら約2時間20分で満充電できます

 

 

 

さいごに

わたしの様に少しでも軽く移動したい方には特にオススメしたい
よく使う場所にこちらの充電器も置いておくのだ

 

また、他にもPDに対応した機器を持っていて、充電器一つで急速充電したいと思っている方にもオススメ

どうせ持っておくなら急速充電ができる充電器を持っておいた方が効率的

 

 

 

 

関連文書

もっと小さい方がよければPD対応で18Wのモデル▼

【レビュー】USB Power Deliveryに対応したcheero「USB-C PD Charger」と「Type-C to Type-C Cable」 - 石ログ

 

モバイルバッテリーでUSB-C PD 45W出力

MacBookにも外出先で充電できる!「cheero Power Deluxe 20100mAh」USB PD 45W出力可能なモバイルバッテリー - 石ログ

こちらとセットで持ってれば最強!!