冬の最強インナー RSタイチの電熱インナー!RSU614 eHEATインナージャケットを購入したのでレビュー

 

電熱グローブを購入しあまりの暖かさに感動して、電熱インナージャケットも購入しました

今までどうしてあんなに寒いの我慢できてたのだろう・・・

電熱グローブと電熱ジャケットで手と体は寒さから無縁になりました

 

 

 

RSU614 eヒート インナージャケット特徴

 

こちらのインナージャケットの特徴としては

  • 防風仕様
  • バッテリーで使用可
  • 12V電源で使用可
  • 発熱部は背面とポケット部分
  • サイズにBがある

となっています

 

防風仕様となっていて風を通しにくい材質になっています

春先はこのジャケットだけでも良さそう

バッテリーセットや12V車両接続キットを購入しないと電熱は使えません

 

別売りのバッテリーセット(RSP042)を購入することにより、バッテリーのみで利用可能。両方のポケットに接続ケーブルが入っているので、バッテリーを接続しポケットに入れて使用することになります

1つのバッテリーでも利用することができ、その場合は左の接続ケーブルを使用します

 

別売りの12V車両接続ケーブルセット(RSP041)を購入することにより、時間を気にせずに使用することができるようになります。この場合のみターボモードが利用できます

 

発熱部は背面は背中の真ん中、全面はポケットにあります

密着することにより最大限に温かさが得られるので、インナーウェアはきつめとなっています

そのため、MサイズやLサイズには、2BM・2BLとお腹周りがゆったりしたモデルが存在します。わたしは2BLかXLか迷ってXLにしました
少し袖が短いのが気になったのですが、後から考えてみるとインナーなのでそういう作りになっているんだと思います

 

 

 

12V車両接続ケーブルセットで接続するための準備

12V車両接続ケーブルセットを利用するためにはインナージャケットにも専用の接続ケーブルの取り付けが必要です

 

12V車両接続ケーブルセットに同梱されていた、こちらのケーブルを使います

 

 

左ポケットにある接続ケーブルで利用します

 

 

背面下のファスナーを開けて左ポケットに進みます

 

 

そのまま手を突っ込んで左ポケットの接続ケーブルをつまみます

左手で接続ケーブルを引いて、右手で接続ケーブルを押し込んでいきます

 

 

左ケーブルを取り出したら、先程用意していたケーブルとつなぎます

 

 

ケーブルを背面ファスナーから中に戻し、電源切替スイッチの横から取り出し

丸い輪っかを通します

背面ファスナーを閉じて完成です!

 

 

 

さいごに

寒い冬は人間にとっては厳しい季節ですが、バイクにとっては優しい季節です

人間がバッチリ防寒することにより、バイクは快適に走ってくれるので、真冬でもバイクライフを楽しみましょう

 

 

 

 

関連文書

12V車両接続キットの取り付けです。すぐに終わります▼

RSタイチ eHEAT 12V車両接続ケーブルセット(RSP041)を隼に取り付け - 石ログ

 

電熱グローブはバッテリーセットで利用しています▼

冬の最強グローブ RSタイチのeHEAT電熱グローブ!RST632 e-HEAT アームドグローブを購入したのでレビュー - 石ログ