WR250R

【WR250R メンテナンス】リヤブレーキフルード交換

WR250Rのリヤブレーキフルード交換をします。
はっきり言ってWR250Rのリヤブレーキフルード交換はめっちゃ簡単。

オフ車はとてもメンテナンスしやすい車両なので、どんどんチャレンジしてもらいたいです。
その際に、この記事が参考になれば嬉しいです。

 

メーカー推奨ブレーキフルードと交換時期

WR250R取扱説明書
メーカー推奨ブレーキフルードと交換時期
  • ブレーキ液はDOT-4
  • 2年毎に交換

乗らなくても劣化します。

ブレーキが減ってなくても2年毎に交換するようにしましょう。

いっしー
いっしー
ブレーキパッドの交換と同時にブレーキフルードの交換を待つのはやめましょう。2年でブレーキパッド使い切るのは不可能です。

 

車両情報

走行距離は約20,000kmのWR250R。

ブレーキパッドもまだまだ残っている

リヤブレーキパッド

片側ピストンのせいか片減りしてますね。
これだけパッドが残ってるので、ブレーキフルードの量は十分。

ブレーキフルードは茶褐色

約10年ブレーキフルードは交換したことがありません(^^;

色は茶褐色になって終わってます。

 

ブレーキフルード交換に必要なもの

ブレーキフルード交換に必要なものは

  • ブレーキフルード
  • ホース
  • 空の蓋付きペットボトル
  • 8mmのメガネレンチ

となります。

他にもわたしのオススメ品を紹介します。

ブレーキフルード

created by Rinker
アクティブ(ACTIVE)
¥1,100
(2020/10/28 07:49:19時点 Amazon調べ-詳細)

ブレーキフルードは種類も多いですが、オススメはActiveのブレーキフルードです。

オススメ理由
  • 量が少ない
  • 先が細くて注油しやすい

量は210mlとなります。これでも多いくらいです。

後半でリヤブレーキフルードが抜けた量がありますが、本当に少量しか入っていません。

Activeのブレーキフルードは口が細い

注ぎ口が小さいので注油しやすい。

 

ホース(シリンジ付き)

created by Rinker
アクティブ(ACTIVE)
¥731
(2020/10/28 22:51:43時点 Amazon調べ-詳細)

ホースが必要なのですが、ホース単体で購入しても高いので、注射器(シリンジ)付きのものを購入します。

リヤディスクブレーキはフルードの量も少ないので注射器は必要ありませんが、フロントブレーキを交換する時には必要になります。

1mホース付きのキットを購入し、ホースを20cmにカットしてからホースのみ使いました。

 

ペットボトル

空の蓋付きペットボトルを用意します。

このペットボトルに古いブレーキフルードを入れます。

古いブレーキフルードは何かに吸わせて生ゴミとして処分することができます。
いっしー
いっしー
わたしはオイル交換までおいておき、オイル交換時に使用しているオイル破棄用のオイル処理箱にいれて一緒に廃棄しています

 

8mmメガネレンチ

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥440
(2020/10/28 07:09:29時点 Amazon調べ-詳細)

工具はこれだけでいいです。

リヤのキャリパーガード外すのはラチェットがあれば便利です

 

ペーパータオル

created by Rinker
日本製紙クレシア(NIPPON PAPER CRECIA)
¥294
(2020/10/28 16:08:47時点 Amazon調べ-詳細)

リヤブレーキの本体に巻きつけてブレーキフルード漏れに使ったり、外したダイヤフラムを置いたりするのに使います。

ブレーキフルードは、塗装面やプラスチック、ゴムなどにダメージを与えるので用心してください。

ブレーキフルードがついてしまったタオルは再利用できないので、使い捨て可能なタオルを使います。

 

グローブ

はっきり言ってリヤブレーキフルードの交換ではそんなに重要ではありません。

しかし、WR250Rってバイク洗車してるだけでも手が傷ついたりしてしまうんです。
WRのみならずバイクのメンテナンスする時にグローブは必需品と言えます。

いっしー
いっしー
わたしは作業時や洗車時に使用し、何度も再使用してから最後にチェーンの清掃で使って汚れたら捨てるようにしています

 

リヤブレーキフルードの交換

 

準備

リヤブレーキフルードの交換準備
  1. リヤキャリパーガードを取り外す
  2. リザーバータンクのネジをゆるめてフタが外せるようにしておく
  3. キャリパーのゴムキャップを外す
  4. 8mmメガネをキャリパーのネジに入れる
  5. キャリパーにホースをつける
  6. ホースの先をペットボトルに入れる
  7. リザーバータンクの蓋を外す

リヤキャリパーガードの取り外し

2箇所のネジを取り外します。

キャリパーガード取り外し

ネジの長さが違います。後ろ側が長くて、前側が短い。

 

リザーバータンクのネジをゆるめる

リザーバータンクのネジをゆるめる

ホコリ等が入るのが嫌なので、すぐに外せるようにしておくだけで取り外すのは後にします。

リザーバータンクをペーパータオルで巻く

ペーパータオルなどでブレーキフルードがついてもいいように養生します。

 

リヤブレーキキャリパーのゴムキャップを外す

指で簡単に外れます。

 

8mmのメガネをつけます

8mmのメガネをつけます

この時、メガネの方を使うとレンチが落ちたりすることもありません。

 

ホースを取り付け、ホースの先をペットボトルにいれる

メガネレンチのところにホースをしっかりいれます。

もう片方の先をペットボトルにいれます。

 

ブレーキフルードの交換

交換前ブレーキフルード

リザーバータンクの蓋を外して交換作業を開始します。

いっしー
いっしー
ブレーキフルードはほとんど減ってなかった

外したダイヤフラム

外したダイヤフラムはゴミがつかないようにしてください。

 

リヤブレーキフルードの交換
  1. ブレーキする
  2. キャリパーのネジを少しゆるめる
  3. ブレーキを離す・ブレーキする・ブレーキ離す・ブレーキする
  4. キャリパーのネジをしめる
  5. ブレーキフルードが少なくなっていたら継ぎ足す

1番から5番を繰り返し、新しいブレーキフルードがホースに出てきたら一旦終わりです。

油面をかならず調整してください。入りすぎているとダイヤフラムを入れた時にこぼれます。

この状態で何度もブレーキを繰り返しエア抜きしてください。
泡が出てこなくなったら完了です。

リザーバータンクの蓋を取り付けて、外した部品を取り付けていけば完成です。

抜けたブレーキフルード

500mlのペットボトルに抜けたブレーキフルードの量はたったこれだけでした。

 

まとめ

WR250Rのブレーキフルード交換はとても簡単。

初心者でも割と簡単な部類に入るブレーキフルード交換です。

用意するものも少ないのでチャレンジしやすい。

いっしー
いっしー
交換後に試乗してみたが違いは全く分かりませんでした

リヤブレーキをガンガン使って高温になれば違いは分かるはず。

ブレーキフルードがめっちゃキレイになったのと、安心感がまるで違うので交換した価値ありです。