WR250R

【WR250R カスタム】年間10回以上林道ツーリングに行くわたしがオススメするパーツ

WR250R

林道を走るということはある程度転倒することを覚悟しておく必要があります。
WR250Rはノーマルでも舗装道路を走るには十分な装備ですが、林道を走るとなると装備が違います。

林道で必要な装備は林道によっても変わる。
フラットダートだったらそんなに装備は必要ありませんが、ガレガレだったりすると転倒する可能性がいっきにあがるのでバイクが壊れる可能性も高くなります。

いっしー
いっしー
わたしはもう数え切れないくらい転倒しています

わたしの林道ツーリングの愛車はWR250R。
自走で帰ってこられることを一番に考え10年間パーツを追加交換してきました。

林道ツーリングに必要なパーツを一気にご紹介します。

林道ツーリング前に是非とも交換すべきパーツと、できれば交換しておいた方がいいパーツに分けます。

 

林道ツーリング前にほしいパーツ

ハンドル交換ハンドガード追加

ノーマルのひ弱なハンドルは転倒時に曲がる可能性が高い。
そして手を守るためには頑丈なハンドカードが必要です。

いっしー
いっしー
ハンドガードにどれくらい手を助けられたことか!本当に効果は高い

わたしはハンドルはレンサル。ハンドガードはZETAの組み合わせにしています。

WR250R ハンドルまわり交換(レンサルハンドル、ZETAハンドガード、PROGRIP、DRCクラッチレバー)本当はツーリングに行く予定でしたが、一人来られなくなったのと、注文していたハンドル一式が届いたと連絡があったんで、予定を変更して、WR2...
ここで超絶オススメするのは、ハンドガードをフォークに取り付けるタイプにすること

ZETAの場合、普通にハンドルバーに固定するものが付いてますが、わたしは1回の転倒で他を向いて使い物になりませんでした。

3点セットでの購入をオススメします。

 

ハンドルを選ぶ基準について

一番悩むのはこれですよね。
みんな体格も違うし、体重も違う。じゃあどうやって選ぶか?

まずはノーマルに近いサイズを購入しましょう。

WR250Rの純正サイズは、幅777mm 高さ91mm 引き59mmとなります

純正サイズを基準にして高い方がいいとか、幅が広い方がいいというようにして選びます。

 

エンジンガード

林道走るとまぁエンジンに向けて石があたるあたる。
クランクケースを破損してしまうと変えられないのでエンジンガードは必要です。

わたしは最初からサイクラムのエンジンガードを装着していますが、何箇所が亀裂が入っているので相当なダメージがエンジンに向かって発生していることが分かります。

created by Rinker
サイクラム(CYCLE-AM)
¥11,576
(2020/10/28 11:04:12時点 Amazon調べ-詳細)

いっしー
いっしー
バイクが重たくなるのがイヤでプラスチック製にこだわっています

 

フェンダーレスキット

ノーマルの位置だととにかくナンバーが曲がりやすいです。
あと、ステーがプラスチックになってるのでもげやすい。

ツーリング終わってナンバーがなくなってたらシャレにならないのでフェンダーレスキットを装着しておきましょう。

WR250R フェンダーレスキット取り付けこの時、頭を10針ほど縫う(ホッチキスみたいなので止められたけど)怪我しているせいもあって、こんなに天気がいいのに、ツーリングにも行けず...

今買うならデイトナかな。

 

ラジエターガード

右に転けてラジエターを損傷しても帰られなくなります。

ラジエターガードは必須の装備です。

できれば、コアの部分もガードしているものがいいです。
わたしのラジエターは10年経過してもコアの部分はキレイなままです。

WR250R FLATLANDラジエターコアガード取り付けどうも!バイク大好きいっしーです。 先日一人で剣山スーパー林道で転倒しまいた。 左にコケたので、クラッチレバーが曲がったのみで、...

わたしはFLAT RAND RACINGのラジエターコアガードを装着していますが、現在は販売されていないようです。

created by Rinker
ユーシーピー(U-cp)
¥10,780
(2020/10/28 11:04:13時点 Amazon調べ-詳細)

ネットで見てみるとこちらの商品が形状も同じように見えます。

 

クランクケースプロテクター

クランクケースカバー

わたしはまだ幸運にもなったことありませんが、左に転倒しシフトレバーでクランクケースを突き破るケースが多いです。

割れた部品が外に出ていればエポキシボンドなどでも修復可能ですが、割れた部品が中に入ってしまった場合は最悪走行不能となります。

予防のためにクランクケースプロテクターをつけています。
両面テープで貼り付けるだけで超簡単なのでめっちゃオススメです。

ヤフオクで「WR250R クランクケースプロテクター」で検索するとあります。

 

工具ケースは外しておきましょう

工具入れ

右に転倒して、知らないうちに工具入れのフタがなくなっていました。
運良く中身がなくなることはありませんでしたが、林道ツーリング前には外しておいてリュックに入れておくようにしましょう。
車体の重量も軽くなるのでオススメです。

 

交換しておいた方がいいパーツ

シフトペダル

ノーマルのシフトペダルは転倒ですぐに曲がってしまいます。

いっしー
いっしー
最初の転倒でいきなり曲がりました

メガネレンチなどを使って何度も修正していて林道で折れてしまうと帰られなくなります。

わたしは2度交換しており、最初はDRCでしたが曲がってそのまま自走して帰ってきました。2回目はZETA鍛造にしていますが今の所曲がったりしていません。

ZETA 鍛造シフトレバー
WR250Rのシフトペダル交換(ZETA ジータ 鍛造シフトレバー) 先日のツーリングで損傷してしまったシフトペダルを新品に交換します。 バーの部分が曲がっているだけだったら、メガネレンチなど...

 

リヤブレーキディスクガード

装着してみて分かりましたが、相当なダメージがあります。
リヤディスクブレーキがダメになっても、フロントブレーキだけで帰ってくることもできますが、楽しい林道ツーリングはそこで終わりになります。

必須のパーツがどうか悩みましたが、是非とも交換しておいた方がいいです。

WR250Rに、ZETA リヤブレーキディスクガード を装着!保護と見栄えもよくなるのでオススメどうも!バイク大好きいっしーです。 WR250Rのパーツで以前からほしい物の一つに、リヤディスクガードがありました。 理由は、ア...

 

まとめ

とにかくわたしは自走で帰宅することを目標にパーツを選んでいます。

トランポがある人でも、林道のど真ん中で壊れてしまうとどのみち帰られなくなるので、林道ツーリングにいくなら最低限のパーツを装着しておくようにしましょう。

本当に守らないと行けないのはライダーの方ですが(^^;
わたしが身体に装備しているものはまた後日公開します。

では、楽しい林道ツーリングに行きましょう。