バドミントンシューズ「MIZUNO WAVE FANG SS2」を購入!定番のヨネックスではなくミズノにしたわけとは?

 

バドミントンで消耗品といえば、ガットとシューズ

特にシューズは高額なため、一度買うとなかなか買い替えが難しいので、いつも買うのに悩んでしまいます

 

わたしも、ヨネックスにしたりミズノにしたりとしていますが、今後はミズノ1本になりそう

 

以前、「ミズノ ウェーブファング SS2」を購入し1年で使えなくなったので、やっぱり耐久性を重視して「ヨネックス パワークッション03」にしましたが、またウェーブファングSS2に戻ってしまいました

どうしてまたウェーブファングSS2に戻したのか?などを説明します

 

 

 

ミズノ ウェーブファングSS2 26.5cmを購入

前回のウェーブファングSS2は26cmを購入しましたが、すごく固い感じがして馴染むのに時間がかかったことから、今回は26.5cmを購入してみました

試しに素足で26cmを試着したところ、少しきつく感じてしまったのも理由の一つ

 

 

 

以前、購入したSS2から1年経過しているので何か変わっているところはないかと探してみましたが、やはり変更は色のみのようでした

 

 

 

3Eを履きなれると2Eがきつくなってしまっていた

ミズノ ウェーブファングSS2はシューズの先端がワイド構造となっていてサイズは3Eとなっています

わたしの最近のバドミントンシューズ歴は、ヨネックスパワークッション02 → ミズノ ウェーブファング SS → ミズノ ウェーブファング SS2 → ヨネックスパワークッション 03。そして今回のミズノ ウェーブファング SS2と、ヨネックスにいったり、ミズノにいったりしていた

しかし、ヨネックスは2E、ミズノは3Eとなっていて、シューズの形が全然ちがう

2回連続で3Eのミズノを履いたせいで、2Eはきつく感じてしまうようになってしまった

 

そのせいかどうかははっきりとは分からないが、「ヨネックス パワークッション03」を履いていると指の皮はどんどんむけていき
最近では暑さのせいもあり、蒸れてかゆくなるようにもなってきてしまった
特にパワークッション03は足が蒸れやすいように思える

こんなこともあり、またミズノを購入することにしました

 

 

 

ミズノ ウェーブファング SS2の欠点

軽量頑丈でとてもいいSS2ですが、最大の欠点は靴底の減りが早いこと

これさえなくなれば、他の製品に変えることはまずないでしょう

なんとか改善してほしい

 

逆に言えば、靴底の減りしか悪い点が見つかりません

軽量シューズにかかわらず、破けることもないし足の蒸れも気になりません

 

 

 

アシックスのバドミントンシューズも検討しました

今回は履いている人が増えてきたアシックスのバドミントンシューズも検討しました

実際に販売しているお店にもいって試着もしてみました
評判通りフィット感は抜群で、とても軽く、動きやすかったです

しかし、靴がふにゃふにゃで耐久性を考えて購入を見送りました

 

履いている人が増えてきているということは、それだけ売れているということなので今後はさらに進化していくことでしょう

いまはハンドボールシューズと共通ということですが、バドミントンシューズとして進化する可能性もあります

 

 

 

さいごに

ウェーブファングSS2はロングセラー商品となり、ここ最近はカラーの変更のみ

しかし私は、ウェーブファングSS3の発売を期待しています
SS2の発売からそれなりに期間がたっているので、さらに進化してSS3を発売してほしい

2018年はすでにニューカラーが発売されたので、2018年の発売はなさそう

次買う時にSS3が発売されていたら嬉しいなぁ

 

期待しているSS3は軽量かつ耐久性向上(特に靴底)

この難しい課題を克服した製品を是非とも発売してほしい

 

 

 

関連文書

ミズノ ウェーブファング SS2とSS比較▼

バドミントンシューズ「ミズノ ウェーブファングSS2」を購入!旧モデルとの違いなどを比較 - 石ログ

 

ヨネックス パワークッション03▼

【レビュー】バドミントンシューズ「ヨネックス パワークッション03」!「ヨネックス パワークッション02」との比較も - 石ログ