バイク

ウェストバッグやレッグバッグの代わりにもなる小さいタンクバッグ「DEGNER MAGNET TANKBAG」

デグナータンクバッグ

わたしはできるだけツーリング時にはウェストバッグなどは身につけたくない方だ。
特にウェストバッグはすきではない。

理由は、

  • 走行中に立ったり座ったりしづらい
  • 見栄えが悪い

などがある。立つときには腰に負担がかかるし、座るときには邪魔になる。

とはいえ、夏場のツーリングは軽装になるので、財布なども入れるところが少なくなるので、どうしても財布やスマホを入れるものが必要となってくる。

そこで活躍するのがタンクバッグ。

タンクバッグも様々な種類があるが、今回レビューするのはとても小さいタンクバッグ。
デグナー タンクバッグ NB-171
ウェストバッグの代わりに使用する目的で購入しました。

 

デグナー タンクバッグ NB-171

デグナータンクバッグと付属品

仕様

カラー カラーは2色(ブラック・レッドパイピング)
サイズ 縦22.5 x 横16 x 幅9(cm)
クリアトップサイズ 縦14 x 横10(cm)
容量 16L
付属 脱落防止ベルト

容量は16Lあり、財布やスマホ入れるには十分な大きさ。

付属のベルトは肩掛けベルトかと思ったら、脱落防止ベルトでした。

 

特徴

手持ち用のベルトがついている

手持ちバンド

これがあるのでさっと持ち運ぶことができる

マグネットでバイクに取り付け

マグネット

マグネットが入っているのは丸印の3ヶ所、。

バイクへの取り付けはとっても簡単。
タンクにのせると強力なマグネットのおかげでくっつきます。

クリアトップはスマホ収容

このクリアトップ(スマートフォン収納エリア)にスマホを収容して、スマホを操作することが可能です。

ファスナーも上下についているので充電しやすくなっています。

 

スマートフォン収納エリアには5インチサイズのスマホしか入りません

iPhone11ProMax収容

今どき5インチサイズのスマホはかなり少ないので、ほとんどのスマホは入りません。

スマホ収容部分のサイズは、縦14 x 横10(cm)となっている。

  • Google Pixel 4のサイズは、縦14.7cm x 横6.9(cm)
  • iPhone11のサイズは、縦15.1cm x 横7.6(cm)

なので、最新スマホの収容は不可能です。

わたしのiPhone11 Pro Maxなんて全く入りませんでした(泣)

本体部分には問題なく収容できました。

 

隼に取り付け

隼

燃料コックの上にピッタリ収まります。

燃料コックにはマグネットはくっつきませんでした
隼上から見たところ

上から見たところ。
スマホ収納エリアの視認性が抜群です。
ツーリング行った先で案内図とか入れるのに良さそう。

マグネットはかなり強力なので風で飛んでいく心配はなそう

 

まとめ

  • 取り付けは簡単
  • ウェストバッグの代わりになる
  • スマホ収納エリアは小さい

日帰りツーリングで何度か使用してみましたが、ウェストバッグやレッグバッグの代わりには十分でした。

とても気にいっているので、これからのツーリングで大活躍しそう。